【告知】第2回「パレンバンデー」講演会のご案内

  • 2018.02.03 Saturday
  • 08:10

第2回「パレンバンデー」講演会のご案内   主催:「空の神兵」顕彰会(名誉会長:加瀬英明、会長:奥本康大)

  昭和17年2月14日、大東亜戦争初頭における画期的な戦果が達成されました。インドネシアのパレンバンの石油生産施設を、落下傘降下部隊によって、ほとんど無傷で確保するという大戦果です。 日本にとっては、この4月14日はバレンタイデーならぬ「パレンバンデー」として記念すべき日です。 昨年、第1回目の記念講演会を行いましたが、それに引き続き、今年も第2回の記念講演会を下記のとおり開催することになりましたのでご案内します。 皆様のご来場をお待ちしております。 平成30年2月1日「史実を世界に発信する会」 茂木弘道   案内チラシ:http://www.sdh-fact.com/CL/300214.pdf   *日時:平成30年2月14日(水)17:30〜19:30 *場所:憲政記念館(講堂)     東京都千代田区永田町1丁目1−1 (03-3581-1651) *参加料:2000円 ⇒お申し込みは下記に(要:事前予約)     ・連絡先: k.okumoto.0715@nifty.com 090-1037-8754(奥本) *講演内容   ・開会挨拶:茂木 弘道(史実を世界に発信する会 会長代行)   ・第一部【基調講演】        テーマ: 「パレンバン部隊が果たした役割」        講 師: ?山 正之   ・第二部【パネル討論会】        テーマ: 「石油なくして国防なし」(空の神兵から学ぶもの)        パネラー: 頭山 興助 (呉竹会会長)              西村 眞悟 (元衆議院議員)              藤井 厳喜 (国際政治学者)              奥本 康大 (「空の神兵」顕彰会会長)        進行役:  葛城 奈海 (防人と歩む会 会長)   ・閉会挨拶:菅家 一比古 (一般社団法人 美し国代表 理事長)   *後援(順不同)   ワック株式会社、株式会社展転社、株式会社ハート出版、一般社団法人美   し国、呉竹会、史実を世界に発信する会、新しい歴史教科書をつくる会、   日本会議東京都本部、二宮報徳会、東京教育研究会、近現代史を学会

中川八洋による古代史の歴史講座開講  

  • 2018.02.01 Thursday
  • 06:56

中川八洋が、今度は古代史をテーマとする歴史講座を開講するそうだ。

中川八洋の良いところは、残すべきもの、捨てるものをはっきりと示す点にある。 講座の最中は昼食抜きで喋るとしている。はっきりし過ぎる行為はつくらなくて済む敵をつくることになるが、歴史研究の世界で中途半端な歴史学者が多い関係で(特にアメリカ史、近現代史)、ホンモノの研究のあり方について知りたいと思っている。 中でも古代史について、津田左右吉とその説を真に受けた学者のせいで、古代史の歴史学者が枯渇していているようであり、中川八洋の講座とその後の出版活動に期待している。

邪馬台国・九州説は、「天皇制廃止」の極左運動 ──講座「日本は、古代史を歴史学的再建できるか」の開催お知らせ http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2018/01/29/154753

軍艦島視察緊急報告集会

  • 2017.12.15 Friday
  • 17:42
25152226_688108748060241_5845837351598334423_n.jpg

「親日国パラオを知ろう」 11月24日講演会

  • 2017.11.21 Tuesday
  • 10:13
「親日国パラオを知ろう」 講演会のご案内  南洋の島国パラオは、世界で最も親日的な、日本にとって大変大切な国です。 しかしながら、このパラオにも某国の魔手が伸びているという現状にも我々は注意を払わなければなりません。 パラオを知り、パラオとの友好を深めるための講演会を下記の通り開催しますので、是非皆様のご参加を願いする次第です。 平成29年11月16日「史実を世界に発信する会」 茂木弘道拝 開催日:11月24日(金)18時30分〜20時30分 会場:文京シビックセンター 26階 スカイホール 会費:1000円 プログラム 会長挨拶 日本とパラオの友好 田下昌明:日本会議北海道本部理事長 基調講演 パラオの歴史と現状 茂木弘道:史実を世界に発信する会会長代行 報告1 壮絶なるペリリューの戦い 口石修:日本近代史検証会会員 報告2 慰霊の旅について    奥本康大:「空の神兵」顕彰会会長  パラオ共和国駐日特命全権大使ご挨拶 フランシス・マリウル・マツタロウ 主催 :日本パラオ友好の会 共催 :史実を世界に発信する会、一般社団法人新しい歴教科書をつくる会     日本会議北海道本部、日本の明日を考える市民塾、「空の神兵」顕彰会    以上 こちらもご覧ください! http://www.sdh-fact.com/CL/Palau.pdf

通州事件80周年 記憶と慰霊の国民集会 平成29年7月29日(土)のご案内

  • 2017.07.05 Wednesday
  • 09:34

通州事件80周年

記憶と慰霊の国民集会

平成29729日(土)

のご案内

本年は無辜の同胞が無慈悲に大量惨殺されたかの通州事件から80周年となります。事件の記憶と犠牲者の慰霊の国民集会が、下記のとおり行われます。

多くの皆様のご参集をお願い申し上げる次第です。(29.6.30茂木弘道)

80周年行事のご案内

?靖国神社昇殿参拝と慰霊祭

1230分靖国神社参集殿集合/午後1時昇殿参拝と慰霊祭 【玉串料】千円

?記憶と慰霊の国民集会

  午後3時受付開始/330分開演(終了540分)

   新国際ビル9階(日本交通協会大会議室)千代田区丸の内3-4-1

?03-3216-4081

 【交通】JR有楽町駅「国際フォーラム口」から徒歩3

  地下鉄有楽町線有楽町D3出口直結(新国際ビルの玄関から会場まで3分)

 【参加費】2千円  ★参加予約不要(直接会場にお越し下さい)

■プログラム■

<総合司会>佐波優子

【第1部】通州事件関係者が語る事件の真相! <コーディネータ>皿木喜久

    加納満智子「通州の奇跡 母の胎内で銃弾の中を生き延びた私」

    石井 葉子「血染めの手帳に辞世の句を残した伯父の最期」

    奈良 保男「事件後最初の救援部隊を指揮した父が見たもの」

  【第2部】リレートーク>通州事件がわれわれに問いかけるものは何か

    <登壇者> 加藤康男 阿羅健一 小堀桂一郎 北村稔 緒方哲也

      ペマ・ギャルポ オルホノド・ダイチン 三浦小太郎 藤岡信勝

   <閉会のあいさつ> 宮崎正弘

 

主催 通州事件80周年行事実行委員会(呼びかけ人代表:加瀬英明)

連絡先 112-0005 文京区水道2−6−3 つくる会「80周年実行委員会」

 

こちらもご覧ください http://www.sdh-fact.com/CL/80.pdf

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 歴史学者がルーズベルト陰謀論を肯定することは「歴史学界のタブー」なのではないか
    masurawo (07/03)
  • 歴史学者がルーズベルト陰謀論を肯定することは「歴史学界のタブー」なのではないか
    たつや (07/02)
  • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
    masurawo (04/30)
  • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
    たつや (04/29)
  • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
    masurawo (04/29)
  • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
    たつや (04/27)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM