「裏切られた自由」の日本版翻訳がなかなか発刊されなかった理由について

  • 2019.11.11 Monday
  • 08:34
「裏切られた自由」(ハーバート・フーバー著、ジョージ・H・ナッシュ編、渡辺惣樹訳)上巻を読んでいくうちに、なぜ名著と噂されてきたこの本の日本語翻訳が発刊されなかった理由を、以下の箇所に見出した。 ////////////////////////////////// 第12章 日本 一九三八年の旅では日本を訪問していないが、この国んも重要である。日本の一九三八年半ばの状況を簡単に記しておきたい。 日本は天皇を元首にした立憲君主制の国である。天皇は宗教的にも頂点に立つ存在であった。また議会制(国会)の国でもある。首相や閣僚は名目上、天皇による任命である(元老の承認が必要である)。その政府は帝国議会に対して責任を持ち、かつ議会の監督を受ける。内閣には一点だけ立憲体制の国にしては不可思議なところがある。陸海軍がその大臣を指名するのである。 日本には、外国から「リベラル」と呼ばれる有能なグループがあった。彼らが軍部の横暴を抑制し、政治的に優位を占めていた時期があった。たとえば一九二二年には、国務長官チャールズ・エヴァンズ・ヒューズが提案した条約〔訳注:ワシントン軍縮条約〕に調印し、ベルサイユ条約で承認された山東半島の利権の返還にも応じている。 しかしリベラル・グループの立場は不安定だった。彼らは身の危険を顧みず、軍国主義者に抵抗したが、多くの人物が、軍の急進派によって暗殺されている。こうして日本は、「リベラル派」が失墜し、極東における積極的な軍国主義の中心となった。先に書いたように一九三一年には中国を攻撃し、満州を併合した。国際連盟による介入があったが、日本は拒否した。連盟にはアメリカも協力していた。 一九三七年には中国に全面侵攻し、先に書いたように、華北・華中および太平洋岸を制圧した。ワシ ントンでは、一九三八年半ばまで、日本の動きを抑制し中国政府を支援することが検討されたが、そのような政策は採用されなかった。 ////////////////////////////////// 「一九三一年には中国を攻撃し、満州を併合した。国際連盟による介入があったが、日本は拒否した。連盟にはアメリカも協力していた。 一九三七年には中国に全面侵攻し、先に書いたように、華北・華中および太平洋岸を制圧した。ワシ ントンでは、一九三八年半ばまで、日本の動きを抑制し中国政府を支援することが検討されたが、そのような政策は採用されなかった。」の記述に、間違いがある。 フーバーは苦学した勉強好きな政治家だったようだが、それでも歴史認識的に致命的なミスがある。日本軍が攻撃開始する前に何が起きたのか、書いていない。中国に対して、あたかも日本が侵略国であるとの視点で書かれたと読める。 ちなみに、Wikipediaには、この本のことについて、こう書いている。 ////////////////////////////////// https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC フーヴァーはチャーチルとルーズベルトがスターリンを連合軍側に引き入れたことは、スターリンが共産主義を広める手助けになったと批判、スターリンはヒットラーと同じろくでなしで、彼ら2人同士を戦わせておけばよかったという意味のことを著書 『裏切られた自由』(Freedom Betrayed) で述べている(本自体の発行は2011年) ////////////////////////////////// 「裏切られた自由」について、多くの歴史書を書いた渡部昇一は、英文で読んでいたはずであるが、積極的にフーバーの著作からの引用しなかった。その理由は、フーバーの対日戦史観にあると考えるのである。

スポンサーサイト

  • 2019.12.09 Monday
  • 08:34
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ベネチアの歴史
      大日月大神御霊 (01/28)
    • 世界史のジンクス
      masurawo (12/18)
    • 「親中派」が底値買いするために日本は敗戦させられたのではないのか?
      masurawo (10/04)
    • 「親中派」が底値買いするために日本は敗戦させられたのではないのか?
      石田泉城 (09/28)
    • 黄文雄の「歴史とは何か」(自由社) その6―第五章 日本を平和の中で発展させたのは天皇の存在だ
      masurawo (02/08)
    • 黄文雄の「歴史とは何か」(自由社) その6―第五章 日本を平和の中で発展させたのは天皇の存在だ
      風来鶴 (02/08)
    • 一番破壊力ある戦艦を大東亜戦争緒戦で活用しない海軍の作戦企画力の問題
      omachi (02/05)
    • 大東亜戦争 植民地解放史観のルーツ
      masurawo (01/27)
    • 大東亜戦争 植民地解放史観のルーツ
      たつや (01/27)
    • 名探偵シャーロックホームの正体
      さくら (01/24)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM