放射線シンポジウム 低線量放射線が日本と世界を救う

  • 2019.05.08 Wednesday
  • 10:50
依頼がありましたので、転載します。 ……………………………………………………

放射線シンポジウム

低線量放射線が日本と世界を救う

5月10日(金)18:00〜19:45

憲政記念館・講堂

放射線問題に真っ向から迫るシンポジウムが下記のとおり開催されます。

皆様のご参加をお勧めします。

日 時: 令和元年5月10日(金)18:00〜219:45(受付1700 場 所: 憲政記念館 講堂 参加費:1,000円(おとな一人)

開会のあいさつ: 加瀬 英明(外交評論家)(日本放射線ホルミシス協議会会長) 基調講演: 須藤 鎮世(就実大学名誉教授)

「福島へのメッセージ 低放射線がもたらす長寿と制癌

講演2: 田母神 俊雄(元航空幕僚長)

「福島は低線量放射線の危険は全くない」

主催: 二宮報徳連合(代表 藤田裕行)

協賛: 一般社団法人 放射線の正しい知識を普及する会(会長 加瀬英明)

     一般社団法人 日本放射線ホルミシス協議会 (会長 加瀬英明)

     NPO法人 生活習慣病予防学術委員会(代表理事 野中宏泰)

後援: 株式会社 世界出版(代表取締役社長 茂木弘道)

     一般社団法人 楽健道協会(代表理事 京谷達矢)

     リハコンテンツ株式会社(代表取締役社長 山下哲司)

 

チラシをご覧ください! http://www.sdh-fact.com/CL/0510.pdf

スポンサーサイト

  • 2020.08.09 Sunday
  • 10:50
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 歴史学者がルーズベルト陰謀論を肯定することは「歴史学界のタブー」なのではないか
      masurawo (07/03)
    • 歴史学者がルーズベルト陰謀論を肯定することは「歴史学界のタブー」なのではないか
      たつや (07/02)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      masurawo (04/30)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      たつや (04/29)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      masurawo (04/29)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      たつや (04/27)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM