デイープ・ステートの存在を指摘した歴史上の人物

  • 2020.11.18 Wednesday
  • 12:58

JUGEMテーマ:歴史

JUGEMテーマ:アメリカ

 

 

Wikipedeiaにて、デイープ・ステートについての記述があるのを見つけた。


定義的にはこうなっている。 

 

////////////////////////////////// 

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%97%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%88

ディープステート

ディープステート(deep state)は、アメリカ合衆国の政治が陰で操られているとするもので、影の政府や国家の内部における国家と重複する。政治システムの中に共謀と縁故主義が存在し、合法的に選ばれた政府の中に隠れた政府を構成していることを示唆するもの。

作家のMike Lofgren氏は、「政府の一部とトップレベルの金融と産業の一部の混成連合で、公式の政治的過程を通じて表明されたかのように、被統治者の同意に基づかずに米国を効果的に統治することができる」と考えている。

この言葉はもともと、トルコの比較的目に見えない国家機構(情報機関、軍、治安、司法、組織犯罪の中のハイレベルな要素で構成される)や、エジプト、ウクライナ、スペイン、コロンビア、イタリア、イスラエル、その他多くの国における同様の疑惑のネットワークを指すために作られた。

 

//////////////////////////////////

 

上記デイ−プ・ステープについて発言した四人の人物の情報が存在する。

 

//////////////////////////////////

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%B1%E3%81%AE%E6%94%BF%E5%BA%9C

 

影の政府

「我々の共和国に対する真の脅威は、我々の町、州、国の上にぬるぬるした足をのさばらせる巨大なタコのような、目に見えない政府である」--1922年、ジョン・フランシス・ハイラン(英語版)、ニューヨーク市長

「表向きの政府の裏には、国民に献身する義務を持たず、いかなる責任も認めない、目に見えない政府が王位に就いている」-- セオドア・ルーズベルト大統領のブル・ムース党の綱領より [10]

「大衆の習慣と世論の意識的かつ合理的な操作は、民主主義社会において重要な要素である。この目に見えない社会のメカニズムを操る者は、我々の国を真に統治している目に見えない政府である。我々を支配し、我々の精神を型に嵌め、嗜好を形成し、発想を用意するのは、主に我々が聞いたこともない者たちである。」--「広報の父」、エドワード・バーネイズによる1928年の名著『Propaganda(英語版)』より[11]

「率直に言うと、我々が「ディープ・ステート」、もしくは「影の政府」と呼ぶ外部機関は存在する。我々の政府そのものである大統領よりも実際に強い権力を持つ人々による大きな影響力というものが存在する。」--2016年11月、元連邦下院議員のロン・ポール(ドナルド・トランプの大統領選勝利後)[12]

 

//////////////////////////////////

 


「国際ニュースの読み方」(馬淵睦夫)にて、デイープ・ステートについて、エドワード・バーネイズとチャーチルの発言の引用が読める。

 

//////////////////////////////////

 

メデイアこそデイープ・ステートが国民に気づかれずに彼らをコントロールする最大の武器なのです。
このことを明らかにしたのが、ウイルソン大統領直属の広報委員会で働いていたという人物でした。もちろん、歴史教科書には彼の名は出てきませんが、デイープ・ステートの存在を公言した最初の注目すべき人物です。

中略

チャーチルに関する少々衝撃的なエピソードが『私は、スターリンの通訳だった。−第二次世界大戦秘話』(ワレンチン・M・ベレズホフ著、栗山洋児訳、同朋舎出版、1995年)に紹介されています。

ヤルタ会談の4カ月ほど前、モスクワでスターリンとチャーチルが会談しました。主な議題は、ポーランドなど東欧諸国の戦後処理です。

この会議の席でチャーチルは、胸ポケットから紙切れを取り出し、「つまらんものですが、私はここに、ロンドンの特定の人物の考えを示す紙切れを持参しています」とスターリンに差し出したのですが、その紙切れには「東欧やギリシャの中でどの国を、連合国側のどの国がどれくらいの割合で支配するか」ということが書かれていたのです。注目しなければいけないのは、「ロンドンの特定の人間」という言葉です。誰のことでしょうか。ロンドン・シテイの国際金融資本家であり、ロスチャイルドであり、当時のロスチャイルド家当主ヴィクター・ロスチャイルドのことに違いありません。

 

//////////////////////////////////

 


これとは別に、ツイッター情報の中に、面白い情報がある。

 

//////////////////////////////////

 

Chester
@WtsQcH7mT1LBsQN
 · 4月8日
マイケル・ジャクソン『私達が戦っている相手の事を皆さんも理解するべきです。とても重要な事です。私は情報操作に本当に嫌気がさしています。マスメディアは事実を言いません。大変な嘘つきです。彼らは歴史の本も嘘でごまかしています。歴史の本は真実ではありません。理解しなくてはいけません』

 

//////////////////////////////////

 

マイケル・ジャクソンは彼らから何かを打診されたことがあるようだ。

 

これら、五人の中で、一番最初にデイープ・ステートについて発言したのは、セオドア・ルーズベルト大統領(1858年10月27日 - 1919年1月6日)とみられる。

スポンサーサイト

  • 2020.11.23 Monday
  • 12:58
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 歴史学者がルーズベルト陰謀論を肯定することは「歴史学界のタブー」なのではないか
      masurawo (07/03)
    • 歴史学者がルーズベルト陰謀論を肯定することは「歴史学界のタブー」なのではないか
      たつや (07/02)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      masurawo (04/30)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      たつや (04/29)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      masurawo (04/29)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      たつや (04/27)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM