高度成長期の生産性が高かった理由

  • 2020.07.05 Sunday
  • 18:56

JUGEMテーマ:歴史

「知的生産術」(出口治明)という本にて、高度成長期に日本の生産性が高かった要員分析が読める。

それによると、三つの高度成長を支えた3条件が揃っていたとされる。


//////////////////////////////////

 

日本の高度成長を支えた「3条件」

日本が戦後独立を果たしてからバブル崩壊するまでの39年間、日本の経済成長率は、平均7%程度の高水準で推移していました。

高い成長が可能だったのは
「[篝錙
「▲ャッチアップモデル」
「人口の増加」
という、3つの外的条件が整っていたからです。

 

//////////////////////////////////

 

この3つの外的条件が、特に工場(製造業)に有利な競争をもたらしたとされる。「知的生産術」にあるシナリオ分析を紹介させていただく。

 

//////////////////////////////////

 

日本の戦後の成長モデルは、工場(製造業)中心に考えられたものです。工場モデルは、長時間労働によって利益を延ばすビジネスモデルなので、365日24時間フル稼働が究極の理想です。
ベルトコンベアが動けば動くだけ製品ができますから、3交代制を導入するなどして、工の連続操業を徹底的に追求しました。
工場モデルで求められるのは、体力があって、朝から晩まで黙々と働ける人材なので、筋力に勝る男性のほうが圧倒的に有利です。
それならば性分業を行い、女性は家庭に入って家事や育児に専念し、男性の「メシ・風呂・寝る」をサポートしたほうが、社会全体としては効率的です。
そこで政府は、配偶者控除や第3号被保険者といった制度を設けて、専業主婦として扶養される女性にインセンテイブを与え、「男性は外で長時間労働、女性は専業主婦」というシステムを構築しました。加えて、寿大社や3歳児神話という虚構をでっちあげ、社会をあげて性分業を推奨したのです。
こうして男性が、朝早く出社し、夜遅くかえって「メシ・風呂・寝る」の生活を送る働き方がロールモデルとして定着したのです。
労働者が、長時間労働や「メシ・風呂・寝る」の生活を容認したのは、成長率が高かったからです。

 

//////////////////////////////////

 

私は、高度成長期に働いた世代ではないが、上記は生活実感的に納得しうる内容である。

スポンサーサイト

  • 2020.08.09 Sunday
  • 18:56
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 歴史学者がルーズベルト陰謀論を肯定することは「歴史学界のタブー」なのではないか
      masurawo (07/03)
    • 歴史学者がルーズベルト陰謀論を肯定することは「歴史学界のタブー」なのではないか
      たつや (07/02)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      masurawo (04/30)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      たつや (04/29)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      masurawo (04/29)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      たつや (04/27)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM