周恩来の晩年の告白

  • 2020.06.15 Monday
  • 11:34

JUGEMテーマ:歴史

 

周恩来が自身の生涯を振り返り、後悔の念を以て告白したととれる記述を見つけた。

 

//////////////////////////////////

人間・周恩来 紅朝宰相の真実
金鐘編 松田州二訳

 

訳者あとがき

以下にいくつか紹介するような、死を悟った周恩来が最後の旨のうちを妻。穎超に告げる言葉からは、革命戦争の中で、また建国後に繰り返された政治事件の中で、自分が心にもない選択をし不本意にも毛沢東を持ち上げてしまったことに対する自責の念や、政治の世界と縁を切り伏魔殿・中南海から一刻も早く離れるように妻に諭す周恩来の悲痛な叫びが伝わってくる。

一九七五年九月一二日の日記からー「ぼくはもう長くない。まもなくだよ。ぼくが死んだら、(一)政治に関わらないこと。(二)中南海を離れること。(三)北京を離れ、故郷に帰って養生し、体を休めること。いいね、忘れてはいけないよ、そうすればぼくも少しは安心できるから」

一九七五年一〇三日の日記からー「ぼくはね、よく自分の歩んできた道を総括してみるんだ。ぼくはマルクス主義の道を固く信じ、共産主義こそ人類が奮闘すべき理想の目標であることを信じて疑わなかった。建国して二十六年になるが、政治闘争は一つ終わればまた一つ始まるという具合に続き、国を苦しめていてう。こでも社会主義社会と呼べるんだろうか。これでも人民が主人公となって政治に参加する人民共和国と言えるんだろうか」

中略

一九七五年一二月二八日の日記からー「国は不幸の中にある。建国して二十肋年、いまだに六億の人口がご飯さえ満足に食べられていない」
一九七六年一月二日の日記からー「覚えておくんだよ。ぼくの遺骨は残さないこと。墓は建てないこと。君は中南海から遠く離れたところへ行くこと!」

 

//////////////////////////////////

 

周恩来は日本では人格者であるかのように扱われてきたが、実相は異なるとみなくてはなるまい。
毛沢東に仕え、その信頼を得、立場を維持するために、犠牲にしたものは、己の良心と自身を慕う家族、そして同志や部下たちだったのではないのか。

 

かようにどす黒い陰謀渦巻く、革命、共産主義社会を正当化する人などいるのか?
周恩来は、もっと研究され、実相が暴かれるべき人物なのではないか?

 

話は変わるが、私が遭遇した上司たちは、部下にウソの手柄を自慢し、自分の出世のためなら平気で部下を陥れるタイプだらけだった。
彼らは当然、吊るし上げられるべきだろうが、そんなことに人生の貴重な時間を空費するのはもったいない。
人を欺き、ウソをつくのは周恩来だけでないし、中国人だけではない。

 

周恩来を、中共が情報操作して配信した情報だけで、高潔な人格を有する人物だと決めつけるのはやめるべきではないか。

 

スポンサーサイト

  • 2020.07.14 Tuesday
  • 11:34
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 歴史学者がルーズベルト陰謀論を肯定することは「歴史学界のタブー」なのではないか
      masurawo (07/03)
    • 歴史学者がルーズベルト陰謀論を肯定することは「歴史学界のタブー」なのではないか
      たつや (07/02)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      masurawo (04/30)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      たつや (04/29)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      masurawo (04/29)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      たつや (04/27)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM