歴史用語(史料、史実他)の定義

  • 2020.06.08 Monday
  • 16:20

JUGEMテーマ:歴史

 


「世界流通史」(谷澤毅)の本に歴史の研究者が、史料、史実をどう扱うかについて述べた箇所がある。

 

//////////////////////////////////

 

史実とはなにか

 

過去にあった出来事や事実を史実という。一般に、歴史の研究者が史実の事実性を証拠立てるために用いる素材を史料という。その中心をなすのは文書史料である。文字による記録を便りにわれわれは史実を捉え、過去の状況を再現していくのである。商業・流通の歴史であれば、取引の規模を把握するうえで数値化が可能な史料も欠かせない。埋蔵されていた貨幣や陶磁器など、考古学的な成果による出土物も、現物として過去の商業・流通の実態を具体的に示す素材となる場合が多いので重要である。
史実がまさしく史実であったということを裏付けることは難しい。古い時代の事柄であれば。一連の史実をどう解釈するかという歴史の見方の問題以前に、ある出来事がはたしてあったのか否かという、単純な問題に直面することもある。史実の事実性を証拠立てるのが史料である。しかし、われわれが史料から知り得る事柄はほんのわずかでしかない。

史実は歴史家がつくる
「歴史の事実というものは、もうなくなったものをあとから歴史家が証拠をもとに推測してもう一度つくってみるようなもの」である(神山四郎「歴史入門」68頁)。この点を指して、アメリカの歴史家であるカール・ベッカーは、しばしば引用される次のような言葉を残した。「歴史の事実というものは歴史家がつくるまでは存在するものではない」。

 

//////////////////////////////////

 

一般の歴史書で、歴史用語の定義をする本は珍しい。教科書的本と言えるだろう。

 

スポンサーサイト

  • 2020.07.14 Tuesday
  • 16:20
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 歴史学者がルーズベルト陰謀論を肯定することは「歴史学界のタブー」なのではないか
      masurawo (07/03)
    • 歴史学者がルーズベルト陰謀論を肯定することは「歴史学界のタブー」なのではないか
      たつや (07/02)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      masurawo (04/30)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      たつや (04/29)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      masurawo (04/29)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      たつや (04/27)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM