日本人の美的感覚

  • 2020.06.03 Wednesday
  • 07:38

JUGEMテーマ:歴史

 

日本人の美的感覚がどのようなものであるかについて、造園の専門家が述べた文献を発見した。
タイトルは「造園の手引き」(京都府造園共同組合著)。芸術性有する日本庭園等の造園専門家向け
に書かれたハンドブックである。

 

その中に、「日本文化の特性と本質」と題し、二つの視点から、興味深いことが書かれている。

 

//////////////////////////////////

 

馼坡亮太の重視

日本では古来、美術工芸やそのほかの大半の空間芸術において、”左右対称””整形”及び””繰り返し”を避ける意匠が基本となっている。日本の文化特性を極めて的確に表現しているとされる『徒然草』の中に、「すべて、何も皆、事のととのほりたるは、あしき事なり。し残したるをさて打ち置きたるは、面白く、生き延ぶるわざなり・・・」とある。また、明治時代に我が国の文化を世界に紹介した岡倉天心も、その著書『茶の本』の中で「不完全の美」という表現で、左右対称等”整形”を避けることが重要である点を指摘している。
庭園においては、以上に加え”曲線をいかすこと”と、”繰り返しを避けること”などにより、多様な空間を構成することが重視される。

 

魎屬粒萢

「間」という言葉は、日本では生活空間から芸術文化に至る様々な分野で幅広く用いられている。造園においては、まず樹木の”枝ぶり”という言葉に代表される。すなわち、剪定等によって「間」を生み出し、これが新たな構成美を創出する。
石組においても同様で、石と石の「間」の取り方が趣きや構成美を大きく左右する。
また、空間ばかりでなく僧都(鹿おどし)のように一定間隔で打ち出される音によって、時間という「間」を意識させるとともに余韻が空間の広がりを再認識させるという効果や、逆に静けさを強調するという効果も生み出す

 

//////////////////////////////////

 

これは芸術性有する日本庭園等に共通することであるとされる。
この発想は、造園だけにとどまらず、実利、実用性を重視する分野において、(本来あってはならないことだが)日本文化を潜在的に重視する人の場合、起こりえることとなる。

スポンサーサイト

  • 2020.07.14 Tuesday
  • 07:38
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 歴史学者がルーズベルト陰謀論を肯定することは「歴史学界のタブー」なのではないか
      masurawo (07/03)
    • 歴史学者がルーズベルト陰謀論を肯定することは「歴史学界のタブー」なのではないか
      たつや (07/02)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      masurawo (04/30)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      たつや (04/29)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      masurawo (04/29)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      たつや (04/27)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM