戦後の日本を嵌めたのは周恩来?

  • 2020.05.10 Sunday
  • 16:02

JUGEMテーマ:歴史

 


中国大陸における日本軍の経緯について、毛沢東が語った有名な一文「外務省アジア局中国課監修『日中関係基本資料集 一九四九−一九六九』所収、資料70<毛沢東主席の黒田寿男社会党議員等に対する談話>、霞山会、1970年」がある。

 

//////////////////////////////////

日本軍に感謝した毛沢東
https://ironna.jp/article/1069

//////////////////////////////////

 

日本は、戦後、中国大陸で戦った戦争について、毛沢東が1970年に「日本に感謝している」とまで語ったにもかかわらず、敗戦国となったために「侵略戦争」と決めつけられ、東京裁判以降外交的圧力を受け続けてきた。その後は、歴史認識問題等の転化。

少なくとも、アメリカと開戦を予定、敗戦想定の開戦であるならば、国民党政府とは講和条約くらいしておくべきだった。東條内閣は、開戦時の首相として戦略眼を欠いていた。

 

 

さて、毛沢東の片腕と言われた男の中に周恩来がいる。

 

//////////////////////////////////

周恩来
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%A8%E6%81%A9%E6%9D%A5

周恩来
https://www.y-history.net/appendix/wh1601-094.html

周恩来「上司のイヌ」となって生きた男
https://www.manetama.jp/report/management-surgery11/

//////////////////////////////////


周恩来は、飛び切りの秀才ではなかったようだ。それで、上司である毛沢東に絶対服従することで生き延びることを考え、かつ自身が担当、得意とする諜報分野で立身出世を目指すことになる。

その周恩来はどこでスパイ工作の極意を身につけたのか、経歴から、黄埔軍官学校の教官となる前であろうと考える。ノウハウはどうしたか。ソビエト共産党との接触、影響をあまり受けていないようなので、孫子の兵法などの兵法書を読み漁り、繰り返し読み、実践したことが考えられる。

 

「周恩来と私」(熊向暉)から、一九四三年七月に行われた、胡宗南主催の宴席での周恩来のスピーチを参照したい。

 

//////////////////////////////////

 

私はこの機会をお借りして胡宗南副長官に対し、将軍のみなさんとご夫人に対し、乾杯を致したい。われわれが一緒に努力し、抗日戦を堅持し、団結を堅持し、進歩を堅持し、日本侵略者を打ち負かし、南京と上海を取り戻し、北平(北京)、天津を取り戻し、東三省(東北三省)を取り戻し、日本侵略者に侵略、占領されている中国のすべての山河、土地を取り戻し、孫中山先生の三民主義を徹底的に実現し、われわれの祖国を独立、自由、幸せな強大な国に建設しようではありませんか!賛成する方は乾杯しましょう。賛成でない方は無理しなくて結構です。
言いおわるや、周恩来は一気に盃の酒を飲みほした。胡宗南も一気に飲みほした。

 

//////////////////////////////////

 

すなわち、戦後、中共がつい最近まで語ってきたことは、日本の敗戦時期以降の主張ではなく、抗日戦争から続くプロパガンダを原点としている。

ちなみに、鳴霞は、「あなたのすぐ隣にいる中国のスパイ」にて、周恩来の正体が何であったか、警告している。

 

//////////////////////////////////

 

中共スパイの元祖は、元首相の周恩来とされている。それは一九三〇年代に、自清という党員を貿易会社の社長に偽装させ、夫婦でアメリカに派遣、アメリカの商工会・貿易業界・軍需業界・政界など各方面と交流させ情報収集させたことに由来する。

一九二一年七月の共産党結党以来、スパイ工作による情報収集、謀略はお家芸ともいえるものであった。当時、中国大陸を手中に収めつつあった蒋介石の国民党政府と内戦に突入すると、大勢の特務員を国民党に潜入させた。一説によると、蒋介石の側近には一六人の中共の有名スパイがいたとされている。

中略

目的のためには良心や道徳、責任感など、日本人の好きな徳目はすべて否定し、謀略や奸計も辞さない、というのが毛沢東、ひいては中国共産党の行動原理であり、その巨魁毛沢東の最高の随伴者で、中共の謀略スパイ工作の元祖が、周恩来だったのである。
日本では、政治家にも知識人にも周恩来ファンが多いが、筆者としてはなんとお人好しの人たちだろうと思うしかない。

 

//////////////////////////////////

 

目的のためには良心や道徳、責任感などすべて否定、謀略や奸計も辞さないことについては、上記『周恩来「上司のイヌ」となって生きた男』にて事例紹介がなされている。

毛沢東が日本軍に感謝していると語ったことを考慮すると、戦後の日本を嵌めたのは、周恩来だったということになるのである。

スポンサーサイト

  • 2020.05.30 Saturday
  • 16:02
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      masurawo (04/30)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      たつや (04/29)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      masurawo (04/29)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      たつや (04/27)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM