「平和を愛する」キーワード 日本国憲法前文に埋め込まれるまでの変遷

  • 2020.04.27 Monday
  • 16:50

JUGEMテーマ:歴史

 

 

大西洋憲章、国際連合設立のためのサンフランシスコ会議、国際連合憲章、日本国憲法において、日本語訳上は、「平和を愛する」キーワードは、(刃造魄Δ垢觜駝→∧刃造魄好する国→J刃属好国→な刃造魄Δ垢觸国民、と変遷した。

 


・大西洋憲章

 

//////////////////////////////////

https://www.y-history.net/appendix/wh1505-042.html

大西洋憲章(1941年8月)

両国は、世界のすべての国民が、現実的および精神的なるいずれの理由からも、武力行使の放棄に到達しなければならないと信じる。陸・海・空の軍備が自国の国境外に侵略の脅威を与え、もしくは与えそうな国々によって行使される限り、いかなる将来の平和も維持され得ないのであるから、一層広範かつ恒久的な全般的安全保障システムが確立されるまで、こうした国々の武装解除は不可欠であると信じる。両国は、同様に、平和を愛好する国民のために、軍備の圧倒的負担を軽減するすべての実行可能な措置を支援し、かつ促進させるであろう。

//////////////////////////////////

戦争と戦後社会をデザインする者は、自国の支配対象である国民を、「平和を愛好する国民」と表現した。


・国際連合設立のためのサンフランシスコ会議開催の招待状

 

戦争と戦後社会をデザインする者は、国際連合設立のためのサンフランシスコ会議に招待されるべき国は、当初「平和を愛好する国」という曖昧な定義だったものが「一九四五年三月一日以前に枢軸国に対して宣戦府布告した国」と再定義された。

//////////////////////////////////

三月五日、FDRは連合国各国に、国際連合設立のためのサンフランシスコ会議開催(四月二五日)の知らせと招待状を発送した。招待されるべき国はダンバートンオークス会議では「平和を愛好する国」という曖昧な表現で定義されていた。それがヤルタでは「一九四五年三月一日以前に枢軸国に対して宣戦府布告した国」と具体的に再定義された。定義を厳格化したのはソビエトの要求であった。ソビエトはアルゼンチンにプレッシャーをかけたかったのである。アルゼンチンは枢軸国ではなかったが親ナチス外交を続けており、ソビエトはそれに憤っていた。再定義には、アルゼンチンをはじめとした中立国(枢軸国に宥和的な国)は国際連合のメンバーにはしないとする「脅しの」意味があった。
狙いを察した中立国は、次々に対日対独宣戦布告に踏み切った。

//////////////////////////////////

 

・国際連合にて元の定義に

 

前述のサンフランシスコ会議に招待された国が、「一九四五年三月一日以前に枢軸国に対して宣戦府布告した国」であったものが、「平和愛好国」と元の定義に戻された。

 

//////////////////////////////////

https://www.unic.or.jp/info/un/charter/text_japanese/

国際連合憲章は、国際機構に関する連合国会議の最終日の、1945年6月26日にサンフランシスコにおいて調印され、1945年10月24日に発効した。国際司法裁判所規程は国連憲章と不可分の一体をなす。

第2章 加盟国の地位

第4条
国際連合における加盟国の地位は、この憲章に掲げる義務を受託し、且つ、この機構によってこの義務を履行する能力及び意思があると認められる他のすべての平和愛好国に開放されている。

//////////////////////////////////


・日本国憲法前文

 

一見国連憲章の「平和愛好国」が埋め込まれた形になっているが、実体として、「英米、枢軸国に戦線布告した国」の諸国民の公正と信義を受入れさせられる立場に変化した。

 

//////////////////////////////////

日本国憲法

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

//////////////////////////////////

 

戦争をデザイン・挑発しておきながら、自分たちは平和を愛好するなどというふざけた論理変遷の経緯である。

大西洋憲章でまず自国民を欺き、次に枢軸国への宣戦布告をけしかけ弱小中立国を恫喝、最終的に敗戦した枢軸国を国連が永久管理を想定していたのではないか。

 

その点において、日本国憲法前文は、戦争をデザイン・挑発した者は、呪いの意図を以て作成したかもしれないのである。とても崇高な精神に基づく作文とは思えないのである。

 

以上

スポンサーサイト

  • 2020.11.23 Monday
  • 16:50
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 歴史学者がルーズベルト陰謀論を肯定することは「歴史学界のタブー」なのではないか
      masurawo (07/03)
    • 歴史学者がルーズベルト陰謀論を肯定することは「歴史学界のタブー」なのではないか
      たつや (07/02)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      masurawo (04/30)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      たつや (04/29)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      masurawo (04/29)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      たつや (04/27)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM