スパイ工作のために選ばれた「文豪ヘミングウエイ」

  • 2020.03.26 Thursday
  • 10:49

JUGEMテーマ:歴史

 

 

「第二次世界大戦 アメリカの敗北 米国を操ったソビエトスパイ」(渡辺惣樹)の一文を読んだ感想となるが、ヘミングウエイを活用したスパイ工作を企図した者は、英文学を含め歴史的な名作を嗜み、理解する相当なインテリのような気がする。

 

//////////////////////////////////

 

狙われた文豪ヘミングウエイ

 

日本でもよく知られている作家アーネスト・ヘミングウエイがゴロスのターゲットになり、リクルートされていたことに触れておきたい。ゴロスの対ヘミングウエイ工作の手口は、ソビエトスパイ組織による、世論に影響ある人物利用の典型であった。

 

中略

 

中国訪問時のヘミングウエイは、彼自身がスパイとしての役割を自覚しない「第五列(スパイ)」だったようだ。しかし四一年末には、ヘミングウエイにはスパイとしてのコードネーム(アルゴー(ARGO)」が付けられている。これはソビエトが彼をスパイとして認知したことを示している。アルゴーはギリシャ神話に登場する英雄イアーソンが「黄金の金の羊の毛側」を求める航海に使った船の名である。ヘミングウエイと中国の反日自虐指導者たちの談笑の写真こそが、ゴロスやモスクワが求めていた「黄金の羊の毛皮」であった。

 

//////////////////////////////////

 

ヘミングウエイの小説、ギリシア神話に出てくる英雄、これら二つを理解するインテリはソ連の中枢、それもスターリンの周囲にそもそもいたのであろうか。
根っからの共産主義者たちが関心を持つとは思えない。スターリンがご主人様と呼んだ人物はどうであろうか。

 

ソ連を支配するご主人様とは誰のことか
http://gendaishi.jugem.jp/?eid=1210


スターリンがご主人様と呼ぶ集団の中に、一連の政治工作を企図した人物が居たのではないかと考えるのである。

スポンサーサイト

  • 2020.07.14 Tuesday
  • 10:49
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 歴史学者がルーズベルト陰謀論を肯定することは「歴史学界のタブー」なのではないか
      masurawo (07/03)
    • 歴史学者がルーズベルト陰謀論を肯定することは「歴史学界のタブー」なのではないか
      たつや (07/02)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      masurawo (04/30)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      たつや (04/29)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      masurawo (04/29)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      たつや (04/27)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM