欧米列強が日本開国と明治維新を望んだ理由

  • 2020.01.14 Tuesday
  • 16:34

JUGEMテーマ:歴史

 

「メデイアが報じない 日米関係のタブーと世界金融支配体制」(飛鳥昭雄、池田整治)という本を読んでいるうちに、、欧米列強が開国と明治維新を望んだ理由が、国内で流通する金の買い取り、兌換紙幣流通させる目的での中央銀行設立であった可能が出てきた。

 

//////////////////////////////////

池田

アメリカ南北戦争で北軍が勝った理由は日本の黄金が資金源だったからです。
ペリーはそれを奪いに来た。「捕鯨船の寄港地の確保」を開国を迫る理由としたのは大義名分であって、実際のところは黄金が目当てだった。

飛鳥

だから不平等条約を結んだ。

池田
坂本龍馬が新国家体制の基本方針として起草した「船中八策」に、金銀の交換比率の改正をする、とある(「一、金銀物資宜シク外国ト平均ノ法ヲ設クベキ事」)もそのためです。

日本はもともと各藩、幕府が、金銀を用いた貨幣を造っていた。だから、本来なら庶民から税金を取る必要がない。今でいう中央銀行がないわけですからね。
しかし、今は中央銀行が紙で紙幣を造って政府を借金漬けにして、やがて国を支配していく。それがタルムードに全部書いてあるじゃないですか。悪しきユダヤ、アシュケナージ・ユダヤの奉じるタルムードに書かれていることが実行されている。

飛鳥
なるほど。まさに、そうだ。その結果、日本は江戸を中心に全国的なインフレーションに見舞われ、庶民の信頼を失った結果、江戸幕府が崩壊したとも言えます。

ちなみに、日本の銀埋蔵量も相当ですよ。島根県の石見銀山は現在閉鎖されているですが、今も掘ろうと思えば掘れるらしいんです。
世界状況が変わってコストに見合うようになれば採掘再開もありうる。ともかく、日本って金と銀がすごいんですね。
青森県の恐山に至っては金鉱脈が露出していて、その純度は世界最高レベルといわれます。

池田
幕末の頃、日本におけるきんっぎんの交換比率は外国に比べると、金の価値が三分の一も安かった。そこで、日本に銀をたくさん持っていけば、割安に金を入手できることになり、その結果、幕末い日本から金が大量に流出してしまった。
一説に、幕末に日本からアメリカに渡った金の送料はプール一つ分に相当するともいいますよ。

飛鳥
それって世界の金の総量を考えると……。

池田

実に、世界の三分の一ですね。

//////////////////////////////////

 

南北戦争時代の、アメリカ国内への金の流入に関する調査資料を探す必要はあるだろう。渡辺惣樹なら知っていることかもしれないが。

 

スポンサーサイト

  • 2020.07.14 Tuesday
  • 16:34
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 歴史学者がルーズベルト陰謀論を肯定することは「歴史学界のタブー」なのではないか
      masurawo (07/03)
    • 歴史学者がルーズベルト陰謀論を肯定することは「歴史学界のタブー」なのではないか
      たつや (07/02)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      masurawo (04/30)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      たつや (04/29)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      masurawo (04/29)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      たつや (04/27)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM