歴史用語としての「神話」の意味

  • 2020.01.12 Sunday
  • 12:08

JUGEMテーマ:歴史


国語辞典の意味としてではなく、歴史用語としての「神話」の意味について、「日本は天皇の祈りに守られている」(松浦光修)の記述が参考となると考えたので引用させていただく。

 

//////////////////////////////////

 

「神話」ではなく「神代の物語」

 

『古事記』や『日本書紀』に残されている「神代の物語」を、江戸時代の学者たちは、「神代巻」と呼んでいました。ところが、そういう言い方は、いつのまにか消えてしまい、今は学界でも世間一般でも、それらのことを「神話」と呼ぶようになっています。神道の世界にいる方々でさえ、そう言ってはばからない方がいますので、何も目くじらを立てる必要はないのかもしれません。しかし、私は近ごろ、「神話」という言葉に対して、かなり違和感を覚えるようになっています。

 

「神話」というのは、”myth”の翻訳語で、明治三十二年から、一般でも広く用いられるようになった言葉です(谷省吾『神道言論』)。しかし、この”myth”という言葉には、ほかの意味もあります。「作り話」「でっち上げ」「根拠のない話」などです。「神話」という言葉は、聞いただけでは、何やらありがたそうな言葉ですが、それはあくまでも表面上の話で、その言葉の内部には、きわめて否定的な意味が含まれているのです。
「一神教」に改宗した西洋の人々から見ると、「ギリシア」「ゲルマン」「ケルト」などの多神教の「神話」は「作り話」「でっち上げ」「根拠のない話」に見えたことでしょう。ですから、西洋から伝わったその言葉に、否定的な意味が含まれているのは、ある意味では当然のことです。

 

中略

 

ともあれ、「神話」という、いわば”日本の神々”に対して差別的な意味を含む翻訳語が広がり、やがて定着し、いつのまにか日本人も、わが国の「神代の物語」を「つくり話」と同じもの…と、思うようになってしまいました。そうねってしまった原因として、「戦後体制」のほかにも、わが国の近現代の「神話研究」の、悪い意味での”成果”が決定的な役割を果たしているように思われるのですが…

 

//////////////////////////////////

 

記紀神話を語る際、西洋史的視点だけでなく、国語辞典的視点から語るべきではないと、松浦光修は言いたいのではないか。

スポンサーサイト

  • 2020.01.21 Tuesday
  • 12:08
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ベネチアの歴史
      大日月大神御霊 (01/28)
    • 世界史のジンクス
      masurawo (12/18)
    • 「親中派」が底値買いするために日本は敗戦させられたのではないのか?
      masurawo (10/04)
    • 「親中派」が底値買いするために日本は敗戦させられたのではないのか?
      石田泉城 (09/28)
    • 黄文雄の「歴史とは何か」(自由社) その6―第五章 日本を平和の中で発展させたのは天皇の存在だ
      masurawo (02/08)
    • 黄文雄の「歴史とは何か」(自由社) その6―第五章 日本を平和の中で発展させたのは天皇の存在だ
      風来鶴 (02/08)
    • 一番破壊力ある戦艦を大東亜戦争緒戦で活用しない海軍の作戦企画力の問題
      omachi (02/05)
    • 大東亜戦争 植民地解放史観のルーツ
      masurawo (01/27)
    • 大東亜戦争 植民地解放史観のルーツ
      たつや (01/27)
    • 名探偵シャーロックホームの正体
      さくら (01/24)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM