「闇の支配者」の定義

  • 2019.12.07 Saturday
  • 05:31

JUGEMテーマ:オススメの本

陰謀論的視点で歴史研究を行う際、世界を支配する集団を総称した言葉として「闇の支配者」という言葉などで表現することになることが多い。


しかし、この言葉について、実態がはっきりせず、なかなか定義しにくい言葉であると思っていたところ、「闇の支配者たちが仕掛けた ドル崩壊の真実」(ベンジャミン・フルフォード)にて、わかりやすい定義がなされている。


//////////////////////////////////

ここで、私が「闇の支配者」と呼ぶ人々について説明しておこう。
その最終目標から、彼らは大きくふたつに分かれる。一方は米連銀と軍産複合体、ヴァチカン、ロックフェラー、パパブッシュ、ロスチャイルドの一部など。これはドル石油体制を維持したい勢力だ。もう一方は金(ゴールド)の現物をもっている勢力で、米連銀を倒してドル石油体制を崩壊させたいと考えている。これは中国やロスチャイルドの一部、それと無からお金をつくる仕組みをなくしたいと考えている世界中の国々だ。ふたつの勢力にヨーロッパの貴族や王族、アメリカの金融資本家などが絡み合って、複雑な勢力図を形成している。たとえばロスチャイルド家は分裂して互いに争っており、一概にどちらの勢力だと決めつけることはできない。
要するに、ドル・ユーロの印刷機を温存したい勢力と、壊したい勢力でわけて考えれば世界の動きはより理解しやすくなるだろう。

//////////////////////////////////

 

中国とは、中共のスポンサーなのか、中共指導者のことを指しているのか。はっきりしない。
序列順序的にはヨーロッパの王族、貴族と書くべきところ、ヨーロッパの貴族や王族としているのも面白い。王族よりも貴族の方が金回りが良いという意味なのであろう。

スポンサーサイト

  • 2020.08.09 Sunday
  • 05:31
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 歴史学者がルーズベルト陰謀論を肯定することは「歴史学界のタブー」なのではないか
      masurawo (07/03)
    • 歴史学者がルーズベルト陰謀論を肯定することは「歴史学界のタブー」なのではないか
      たつや (07/02)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      masurawo (04/30)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      たつや (04/29)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      masurawo (04/29)
    • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
      たつや (04/27)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM