歴史哲学者ロビン・ジョージ・コリングウッドの考え方

  • 2019.12.04 Wednesday
  • 05:36

JUGEMテーマ:今日のキーワード

 

「キッシンジャー 1923−1968 理想主義者1」(ニーアル・ファーガソン著、村井章子訳)のはじめに書かれていることだが、思想哲学と絡めて、他国を従属させる意図を持つ歴史家にとって都合がいい歴史哲学であるような気がする。

 

 

//////////////////////////////////

はじめに

こうしたわけで、本書は一〇年におよぶ地道な文書研究の成果である。執筆にあたっては、偉大な歴史哲学者ロビン・ジョージ・コリングウッドの三原則を忠実に守った。

一 すべての歴史は思想の歴史である。
二 歴史として知るとは、歴史家がその歴史を調べようとする当の思想を自ら再び考え、たどることである。
三 過去の思想は、過去にとっての現在から生まれたものであって、現在の思想に包含されてはいても、現在を構成するものからは切り離されている。歴史として知るとは、そのような過去の思想を再び考えることである。

 

//////////////////////////////////

 

 

//////////////////////////////////

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%93%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%A6%E3%83%83%E3%83%89

ロビン・ジョージ・コリングウッド(Robin George Collingwood 、1889年2月22日 - 1943年1月9日)は、イギリスの哲学者、歴史家。

哲学の方法
哲学思考には、科学思考とも日常的な思考とも異なる独特の方法があると主張した。科学においては「仮定から結論が導かれる」のに対して、哲学においては「仮定から仮定的ではない原理が導かれる」と論じた。また、哲学は日常的に誰もがすでに「わかったつもりになっていることを、別の視点から捉えなおし、より優れた理解をしようと」する学問であるとも述べている。こうした議論は、コリングウッドのプラトン解釈に基づいている。

また、哲学の方法を総括する目的でコリングウッドは「形式の変移図」という考えを導入した。「形式の変移図」とは異なる項の連なりであり、上位の項は下位の項が体現する理想を実現したものである。例えば、ロックによると、「知識」の概念の変移図の始めの項は「判断」であり、最上の項は「直観」である。つまり、「直観」という知識の形式は、「判断」が実現しようとしている知識の理想的なあり方を実現しているのである。哲学の研究対象となる概念はすべて「形式の変移図」へとまとめられうる。

歴史哲学
ヘロドトスとトゥキディデスに始まりコリングウッドに至るまでの歴史学の歴史を丁寧に考察し、歴史学の方法を三つ抽象した。第一に、古代ギリシアに顕著であった「証言に基づく歴史」。第二に、ヘレニズムに端を発し、過去の文献を組み合わせることを主軸とする「切り貼り歴史学」(scissors-and-paste history)という方法。第三に、近代の「学問的歴史学」(scientific history)である。

『自然の観念』(平林康之、大沼忠弘訳、みすず書房、1980年、新版2002年)
『歴史の観念』(小松茂夫、三浦修訳、紀伊國屋書店、復刊2002年)
『芸術哲学概論』(三浦修訳、紀伊國屋書店、1968年、復刊2001年)
『芸術の原理』(近藤重明訳、勁草書房、1973年)
『思索への旅―自伝』(玉井治訳、未来社フィロソフィア双書、1981年)
『歴史哲学の本質と目的』(デビンズ編、峠尚武・篠木芳夫訳、未来社フィロソフィア双書、1986年)
『哲学の方法について』 (早川健治訳、2014年)
『精神の鏡、知識の地図』(早川健治訳、2015年)

//////////////////////////////////

 

断定するつもりはないが、政治的に利用しやすい、歴史哲学である可能性があるのではないか。

スポンサーサイト

  • 2020.01.21 Tuesday
  • 05:36
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ベネチアの歴史
      大日月大神御霊 (01/28)
    • 世界史のジンクス
      masurawo (12/18)
    • 「親中派」が底値買いするために日本は敗戦させられたのではないのか?
      masurawo (10/04)
    • 「親中派」が底値買いするために日本は敗戦させられたのではないのか?
      石田泉城 (09/28)
    • 黄文雄の「歴史とは何か」(自由社) その6―第五章 日本を平和の中で発展させたのは天皇の存在だ
      masurawo (02/08)
    • 黄文雄の「歴史とは何か」(自由社) その6―第五章 日本を平和の中で発展させたのは天皇の存在だ
      風来鶴 (02/08)
    • 一番破壊力ある戦艦を大東亜戦争緒戦で活用しない海軍の作戦企画力の問題
      omachi (02/05)
    • 大東亜戦争 植民地解放史観のルーツ
      masurawo (01/27)
    • 大東亜戦争 植民地解放史観のルーツ
      たつや (01/27)
    • 名探偵シャーロックホームの正体
      さくら (01/24)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM