歴史用語としての「神話」の意味

  • 2020.01.12 Sunday
  • 12:08

JUGEMテーマ:歴史


国語辞典の意味としてではなく、歴史用語としての「神話」の意味について、「日本は天皇の祈りに守られている」(松浦光修)の記述が参考となると考えたので引用させていただく。

 

//////////////////////////////////

 

「神話」ではなく「神代の物語」

 

『古事記』や『日本書紀』に残されている「神代の物語」を、江戸時代の学者たちは、「神代巻」と呼んでいました。ところが、そういう言い方は、いつのまにか消えてしまい、今は学界でも世間一般でも、それらのことを「神話」と呼ぶようになっています。神道の世界にいる方々でさえ、そう言ってはばからない方がいますので、何も目くじらを立てる必要はないのかもしれません。しかし、私は近ごろ、「神話」という言葉に対して、かなり違和感を覚えるようになっています。

 

「神話」というのは、”myth”の翻訳語で、明治三十二年から、一般でも広く用いられるようになった言葉です(谷省吾『神道言論』)。しかし、この”myth”という言葉には、ほかの意味もあります。「作り話」「でっち上げ」「根拠のない話」などです。「神話」という言葉は、聞いただけでは、何やらありがたそうな言葉ですが、それはあくまでも表面上の話で、その言葉の内部には、きわめて否定的な意味が含まれているのです。
「一神教」に改宗した西洋の人々から見ると、「ギリシア」「ゲルマン」「ケルト」などの多神教の「神話」は「作り話」「でっち上げ」「根拠のない話」に見えたことでしょう。ですから、西洋から伝わったその言葉に、否定的な意味が含まれているのは、ある意味では当然のことです。

 

中略

 

ともあれ、「神話」という、いわば”日本の神々”に対して差別的な意味を含む翻訳語が広がり、やがて定着し、いつのまにか日本人も、わが国の「神代の物語」を「つくり話」と同じもの…と、思うようになってしまいました。そうねってしまった原因として、「戦後体制」のほかにも、わが国の近現代の「神話研究」の、悪い意味での”成果”が決定的な役割を果たしているように思われるのですが…

 

//////////////////////////////////

 

記紀神話を語る際、西洋史的視点だけでなく、国語辞典的視点から語るべきではないと、松浦光修は言いたいのではないか。

キリスト教の定義

  • 2019.12.21 Saturday
  • 09:09

キリスト教の定義については、Wikipediaにあるような情報があちこちで入手可能である。

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E6%95%99

しかし、ユダヤ教との対比において、これといった定義はなされてこなかったように思える。

 

JUGEMテーマ:自分が読んだ本


「世界史の新常識」(文藝春秋編)にて、加藤隆の定義が参考となるように思う。

//////////////////////////////////

「キリスト教」はイエスの死後につくられた

キリスト教は、後一世紀前半のイエスの活動がきっかけとなって生じた。
「キリスト教」は、「ユダヤ教」とは別のものであるかのように理解されてしまっている。
しかし「キリスト教」は一種の「ユダヤ教」だと考えた方が、誤解が少ないと思われる。
後一世紀に、それまでのユダヤ教に変革の機が熟して、結局のところ後一世紀末頃に、二つの選択肢が選ばれ、それぞれが展開することになった、そのひとつが「キリスト教」と呼ばれるようになった。

「ユダヤ教」と「キリスト教」のどちらにおいても、神は、ユダヤ民族の神だったヤーヴェである。このことに着目して、「ユダヤ教」も「キリスト教」も「ヤーヴェ崇拝の宗教」と考え、「ユダヤ教」は「ユダヤ民族に限定された<ヤーヴェ崇拝の宗教>」、「キリスト教」は、「ユダヤ民族の枠
にとらわれない、普遍主義的な<ヤーヴェ崇拝の宗教>」と捉えるならば分かり易いのではないだろうか。

//////////////////////////////////

時代は変わっても、キリスト教は、ユダヤ教を母体として派生した宗教なのである。
イエスの活動、イエスの死後のペテロの活動、その後に蓄積された神学が、現在のキリスト教を導いたと考えるべきなのである。

「闇の支配者」の定義

  • 2019.12.07 Saturday
  • 05:31

JUGEMテーマ:オススメの本

陰謀論的視点で歴史研究を行う際、世界を支配する集団を総称した言葉として「闇の支配者」という言葉などで表現することになることが多い。


しかし、この言葉について、実態がはっきりせず、なかなか定義しにくい言葉であると思っていたところ、「闇の支配者たちが仕掛けた ドル崩壊の真実」(ベンジャミン・フルフォード)にて、わかりやすい定義がなされている。


//////////////////////////////////

ここで、私が「闇の支配者」と呼ぶ人々について説明しておこう。
その最終目標から、彼らは大きくふたつに分かれる。一方は米連銀と軍産複合体、ヴァチカン、ロックフェラー、パパブッシュ、ロスチャイルドの一部など。これはドル石油体制を維持したい勢力だ。もう一方は金(ゴールド)の現物をもっている勢力で、米連銀を倒してドル石油体制を崩壊させたいと考えている。これは中国やロスチャイルドの一部、それと無からお金をつくる仕組みをなくしたいと考えている世界中の国々だ。ふたつの勢力にヨーロッパの貴族や王族、アメリカの金融資本家などが絡み合って、複雑な勢力図を形成している。たとえばロスチャイルド家は分裂して互いに争っており、一概にどちらの勢力だと決めつけることはできない。
要するに、ドル・ユーロの印刷機を温存したい勢力と、壊したい勢力でわけて考えれば世界の動きはより理解しやすくなるだろう。

//////////////////////////////////

 

中国とは、中共のスポンサーなのか、中共指導者のことを指しているのか。はっきりしない。
序列順序的にはヨーロッパの王族、貴族と書くべきところ、ヨーロッパの貴族や王族としているのも面白い。王族よりも貴族の方が金回りが良いという意味なのであろう。

通史の書名について

  • 2019.02.09 Saturday
  • 16:48
通史の本の書名として、「○○国紀」、「○○国史」とする場合に求められる要件について、日本書紀編纂の時代に定められた約束事があるそうだ。 「六国史 日本書紀に始まる「古代」の正史」(遠藤慶太)から、該当箇所を引用させていただく。 ////////////////////////////////// 7頁 六国史は、天皇代ごとのまとまりを「紀」と呼称した。 中略 日本では近代を迎え、孝明天皇・明治天皇の事績を公的な書物として遺そうとしたとき、『孝明天皇紀』『明治天皇紀』のように「紀」の名称が採用された。古代より途絶えていた史料編纂の伝統を踏まえ、天皇個人を描きながら、そこに国家の歴史をも重ねる。「紀」のあり方がよく表れているだろう。 中略 七〇一年に施行された大宝令の注釈「古記」(天平一〇年(七三八)頃成立)には、「国史」とは実録のようなものだと解説した部分がある。 <「古記」にはこうある。「整理しととのえることを「修」という。採用したり棄てたりすることを「撰」という」と。[中略]また古記はこうもいっている。「「国史」とは、その当時の事実を記した書物の名称である。『春秋』『漢書』のような類である。実録のことである」と。> 右は図書寮の職務「修撰国史」の解説である。 ////////////////////////////////// この本は、位置づけとしては、大学教養過程の日本史の教科書みたいな本である。なぜなら、大学生協の新書版コーナーにて平積みになっていたのを見つけたからである。 この本の説に従うならば、「○○国紀」、「○○国史」と題された本を書店で見つけた場合は、皇国史観での歴史書であるならば、書名と書かれている内容が上述の要件を満たす必要がある。 些細でとるにならないことかもしれないが、皇国史観の本であるとするなら、先人が定めた決め事を外したりすることは、すべきことではない。 大学教養過程の学生が知っていることを、歴史家が知らないことは本来あってはならないのである。

「友愛」の起源

  • 2018.11.13 Tuesday
  • 11:47
鳩山一郎の提唱する「友愛」は、1938年に出版されたリヒャルト・クーデンホーフ=カレルギーの著書を根拠としているそうである。 『The Totalitalian State against Man』で示される、全体主義国家は、一握りの金融資本に都合が良い社会であろう。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A9%E5%B1%B1%E4%B8%80%E9%83%8E 友愛 1953年、鳩山威一郎(左から2人目)、鳩山由紀夫(右から1人目)と 「リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー#友愛の政治思想」も参照 友愛(Yūai)の提唱 鳩山一郎の提唱する「友愛」は、1938年に出版されたリヒャルト・クーデンホーフ=カレルギーの著書『The Totalitalian State against Man』(直訳: 全体主義国家対人間)[* 3][* 4]を原点としている。 元々、同書はクーデンホーフ=カレルギーのアメリカ亡命を手助けした日本人外交官・米澤菊二に贈呈したものである[9]。米沢の帰国後、本は早稲田大学教授・市村今朝蔵の手を経て鳩山に渡され、彼の手で邦訳されたのである[10]。(他の多数のクーデンホーフ=カレルギー本は、クーデンホーフ=カレルギーの依頼で1920年代後期に『パン・ヨーロッパ』を翻訳・出版した元外交官の自民党議員鹿島守之助(鹿島建設)により戦後、翻訳・出版された。) 鳩山は「Fraternity」(フラタニティ。元のドイツ語はBrüderlichkeit ブリューダーリッヒカイト)を「友愛」と訳出、『自由と人生』の邦題で1952年(昭和27年)に洋々社から出版した[* 5]。 パン・ヨーロッパ論者・クーデンホーフ=カレルギー伯爵はナチス・ドイツにとって不都合な人物であった。伯爵はナチスに暗殺されるおそれすらあり、国から国へとヨーロッパ中を逃亡し、1940年、リスボンから米国へ亡命することになった。亡命の査証手続きに四苦八苦するクーデンホーフ=カレルギー伯爵を何かと手伝ったのがポルトガル公使館長・米沢菊二である[9]。伯爵が亡命に成功する1940年8月、それはナチス・ドイツが日本、イタリアと日独伊三国同盟を9月に締結する前月の出来事である。クーデンホーフ=カレルギー伯爵は、伯爵を追うナチスと手を組んだ国家の大使でありながら伯爵の世話をした米澤との別れに際し、この『The Totalitarian State against Man』を贈った[9]。米澤は帰国後、国際ジャーナリスト松本重治に同書を貸し、松本は軽井沢で政治学者・市村今朝蔵(日本女子大・早大)に貸した[9]。市村は軽井沢の学者村「友達の村」の発起人であり、松本も参加していた。鳩山は軽井沢で市村から同書を受け取って翻訳したのである[9]。出版を強く勧めたのは政治評論家岩淵辰雄である[11]。 鳩山は友愛の普及に努め、彼の孫の代に引き継がれるに至っている。財団法人日本友愛青年協会は、鳩山一郎の「友愛」を、文字通りの友愛(Yuai)と紹介している。友愛は『自由と人生』で述べられる「友愛思想」「友愛革命」「友愛社会」に即した思想である。日本友愛青年協会の見解としては、友愛は体系化された理論ではなく、今後、人々が研究を深めることで完成されるという。 クーデンホーフ=カレルギーの思想に則った「友愛」が目指すのは、母性愛による優しい世界づくりである。各論は、相互尊重、相互理解、相互扶助、人道主義、人格主義、協力主義、騎士道、武士道、淑女紳士としての人間関係構築、等である[12] 。友愛運動の理念であるところの、人格の尊厳に基づく相互尊重、相互理解、相互扶助(または相互協力)を、友愛3原則という[13]。 友愛青年同志会 1953年(昭和28年)、友愛を標榜する友愛青年同志会が結成され、鳩山一郎が会長に就任した。一郎は10万人の会員を率いる会長として政財界で指導力を発揮した。1959年(昭和34年)、友愛を更に広めるべく財団法人日本友愛青年協会が設立された(一郎の妻、薫が理事長就任)。1973年(昭和48年)、友愛青年同志会は友愛青年連盟に名称を変更。1998年(平成10年)、友愛青年連盟は財団法人日本友愛青年協会と合併し、2011年から一般財団法人日本友愛協会となった。関連団体に友愛婦人会(1958年結成)、友愛クラブ(1967年発会)がある。また、各地に友愛山荘が設立されている[13]。 クーデンホーフ=カレルギーは鳩山の友愛青年同志会名誉会長を務めた。 フリーメイソン フリーメイソンリーは友愛の団体である。日本のフリーメイソンリーに取材をしたジャーナリスト赤間剛の著書『フリーメーソンの秘密?世界最大の結社の真実』(1983年)によると、赤間がフリーメーソン・ライブラリーのカードを閲覧したところ、鳩山一郎は「1951年3月29日入会」「(ロッジ番号)No.2」とあった[14]。入会場所は「東京ロッジ No.125」[15]。 鳩山は河井彌八とともにフリーメイソン第二階級、第三階級に昇進した(1955年3月26日)[16][* 6]。 鳩山は「友愛精神」という言葉の他、「兄弟愛」という言葉を用いて昇進の挨拶をした(1956年6月5日)[17]。 クーデンホーフ=カレルギーもフリーメイソンであったが、伯爵のパン・ヨーロッパ連合がフリーメイソンと関係があると批判されていたので伯爵は1926年にウィーンのフリーメイソン・ロッジ「Humanitas」を辞めた。伯爵がこのロッジに所属していた事実はナチスが暴露した他あらゆる文献で確認できるが、他のロッジで再びフリーメイソンリーに参加したという話は出ていない(伯爵は生涯パン・ヨーロッパ連合を継続した)。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%95%EF%BC%9D%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC リヒャルト・ニコラウス・栄次郎・クーデンホーフ=カレルギー(ドイツ語: Richard Nikolaus Eijiro Coudenhove-Kalergi、1894年11月16日 - 1972年7月27日)は、クーデンホーフ家とカレルギー家が連携した伯爵一族クーデンホーフ=カレルギー家の人物で、東京生まれのオーストリアの国際的政治活動家。汎ヨーロッパ連合主宰者。日本人名の幼名を持ち、その名は、青山 栄次郎(あおやま えいじろう)。 汎ヨーロッパ主義(パン・ヨーロッパ主義)を提唱し、それは後世の欧州連合構想の先駆けとなった。そのため欧州連合の父の一人に数えられる。哲学の博士号があり、地政学に造詣が深く、ジャーナリストとしての顔も持つ。ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの「歓喜の歌」がヨーロッパのシンボル「欧州の歌」に採択されたのはクーデンホーフ=カレルギーの提案による[1][2]。多数の著作を残し、代表作は『パン・ヨーロッパ』(1923年)、『自由と人生』(1937年)など。 自由平等友愛と猶太問題(藤原信孝) 1924年 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/986570

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM