歴史学者がルーズベルト陰謀論を肯定することは「歴史学界のタブー」なのではないか

  • 2020.07.02 Thursday
  • 09:37

JUGEMテーマ:歴史

 


「論点別昭和史 戦争への道」と題する本がある。著者は学習院学長井上寿一。
この本には、二つの問題がある。論点の絞り込み事由がピンとこない。さらに、各論点に対する記述がダラダラとした書きぶりであることだ。

どうしても書き上げ世に問いたいというよりは、出版社が出版枠を確保してくれたので、書いている程度の文章になってしまっている。

 

あとがきにて書かれていることも、何かずれている。

従って、全頁を読む必要を認めない。

 

この本の第五章「日米開戦ーなぜ回避できなかったのか」において、著者が以下のような見解を示している。


//////////////////////////////////

 

ルーズベルト陰謀論の虚構

戦後の日本外交史研究は、日米開戦史研究だったと言っても言いすぎではないほど、質量ともに膨大な知見を生み出し、通説を打ち立てて、今日に至っている。世上に流布している俗論は退けられて久しい。
しかし俗論が消えることはんまく、再浮上する。俗論のなかでも根強いのはルーズベルト陰謀論である。「アメリカのルーズベルト大統領は、事前に真珠湾攻撃を知っていながら、わざとに日本にそうさせた」。この陰謀論のまちがっていることは、歴史実証主義の研究者にとって常識である。ルーズベルト陰謀論のまちがいは、須藤眞志『真珠湾<奇襲>論争』にあらかたまとめられている。

 

//////////////////////////////////

 

気になるのは、この箇所の記述だけとげとげしいことだ。

この本のこの章の参考文献を眺めたところ、日本人研究者が述べた文献のみ列挙されている。

ルーズベルト陰謀論は、そもそも対戦国のアメリカ側の研究者が述べていること、日本語翻訳書が出回っていることについて、著者は無視している。参考までに、日米開戦の経緯について述べた本から参考文献を列挙する。

 

・裏切られた自由 ハーバート・フーバー著、ジョージ・H・ナッシュ編 渡辺惣樹訳
・ダレス兄弟 国務長官とCIA長官の秘密の戦争 ステイーブン・キンザー、渡辺惣樹
・ヴェノナ ジョン・アール・ヘインズ、ハーヴェイ・クレア、中西輝政、 佐々木太郎 
・操られたルーズベルト 大統領に戦争を仕掛けさせた者は誰かカーチス・B. ドール
・権力の影 外交評議会「CFR」とアメリカの衰退 ジェームス・パーロフ 馬野周二
・ルーズベルトの開戦責任 大統領が最も恐れた男の証言 ハミルトン・フィッシュ
・日米・開戦の悲劇 ハミルトン・フィッシュ
・真珠湾の真実 ルーズベルト欺瞞の日々 ロバート・B・ステイネット
・ルーズベルトの責任  日米戦争はなぜ始まったか チャールズ・A・ビーアド
・アメリカはいかにして日本を追い詰めたか  「米国陸軍戦略研究所レポート」から読み解く日米開戦 ジェフリー レコード
・「幻」の日本爆撃計画 「真珠湾」に隠された真実 アラン・アームストロング
・アメリカはアジアに介入するな! ラルフ・タウンゼント


戦史に関しては、日米両軍による突き合わせが戦後行われている。これによって、マッカーサー戦史なるものが確定したことになるが、開戦に至る経緯について歴史研究するなら、日米両方の文献を調べることが、妥当なやり方となる。

 

しかし、著者は日本人研究者の文献に固執。

これだけアメリカ側の文献レベルの本が揃っているのにもかかわらず、著者は、自身にとって都合の良いシナリオに合致した文献のみを参照しようとした可能性がある。

アメリカ歴史学会は、ルーズベルト政権での開戦経緯について陰謀論を無視し、戦勝史観の永続化を試みているとされる。アメリカでルーズベルト戦勝史観に反論する者は、歴史学会から排除される状況が続いているとの情報がある。

 

 

・アメリカ史の歴史学者たちは歴史の真実を知らないのではないか   
http://gendaishi.jugem.jp/?eid=580

・アメリカの歴史学者たちの異常な実態と日本の歴史学者に及ぼす影響について
http://gendaishi.jugem.jp/?eid=615

 

 

つまり、著者は、そうしたアメリカ歴史学会の現況、タブーを熟知、自らの肩書、立場を守りたいとする立場から、この本で、ルーズベルト陰謀論の存在を否定したかったのではないか。

これだけ、アメリカ人が書いた文献が揃いつつある以上、陰謀論という一言で片づけるやり方ではなく、歴史学的手法で上記翻訳書を学術的視点から史料検証し、否定するなら否定すべきであろう。

つまり、著者は、歴史に関心ある人なら誰もが知る、史料検証に値する文献があるのに、敢えて史料検証を避けている?と言いたいのである。

在野の研究者の研究成果が評価されるために必要なこと

  • 2020.01.18 Saturday
  • 10:12

JUGEMテーマ:歴史


在野の研究者の研究成果が、そもそも学界がリベラル支配となっている、学界の閉鎖性などの問題、学術的に評価されることは、ほとんどないと思われる。

学界がすべからくリベラル支配となっていることは、岩田温のサイトで推定可能。

 

2020.01.13保守はつらいよ…それでも発信し続けます
https://www.youtube.com/watch?v=IK9dHP6cpcI

 

学界が、在野の研究者を相手にしないことは、井沢元彦や渡辺惣樹の著作をきちんと読まれている方ならおわかりのことと思う。

礫川全次「独学の冒険 浪費する情報から知の発見へ」は、独学者の研究成果が評価されるために基本的に必要なことを簡潔にまとめている。

 

//////////////////////////////////

 

「論文」を書く際に気をつけなければならないのは、ー分の主張が「独断」でなく、しかるべき根拠を踏まえていること、⊃簣世北詰や矛盾がないこと、その主張が「剽窃」ではなくオリジナルなものであることを明確にすることです。

中略

独学者の場合、特に在野で無名の独学者の場合、これはかなり重要ではないのかという事実(史実)を指摘したとしても、アカデミズム、ジャーナリズムの反応は、概して低調なものだと言ってよいのです。
ただし、独学者が、文献や資料を発掘したという場合ですと、やや様相が異なってきます。これまでアカデミズムの世界で、ほとんど取り上げられていなかった文献や資料を独学者が発掘したとします。その文献や資料が、学問上の価値を持つものであれば、アカデミズムとしても、これを認めざるを得ません。

中略

この本をお読みの独学者におすすめしたいことがあります。…………それは、資料集を編んだり、本を復刻したりすることです。珍しい資料、散逸しがちな資料などを集めて資料集を編む、忘れられた名著を復刻する、閲覧・入手が難しい稀覯本を復刻するなどです。これなら、研究実績のない独学者でも、十分に着手可能です。

 

//////////////////////////////////

 

ただ、これには、先行研究調査の方法が書かれていない。
とかく、在野の研究者は、歴史書を書き上げる方に、熱意と精力の部分が向かい、先行研究調査が疎かになっている。一例として挙げると、近年、数十万部売れた歴史書には、年表の記載も参考文献の記載もなかった。一冊丸ごと、パクリ・剽窃の塊と揶揄されても仕方ない本である。
学界提出論文の場合、先行研究との関係について言及しない限り、評価のしようがないため、論文レベルに達していないという判定を下すのではないか。

大学の修士課程、博士課程で、大学の教官が学生に対し、先行研究調査を論文評価対象としているなら(実態は歴史学科に居ないので知らないが)、在野の研究者も学生の対応を見習うべきだろう。

在野の研究者を嘲笑する学者たち

  • 2020.01.17 Friday
  • 14:47

JUGEMテーマ:歴史

 

二冊の本で、在野の研究者を蔑視する記述を見つけた。

 

「独学の冒険 浪費する情報から知の発見へ」(礫川全次)では、あの松本清張も学者から素人扱いされたことに憤りを示したとある。

 

//////////////////////////////////

佐藤忠男さんの『独学でよかった』を読んでいて、最も印象に残ったのは、次の箇所でした。(一七二〜一七三ページ)

日本の学者は素人をバカにする傾向が強億、いくらユニークな研究をしてもアマチュアはプロの仲間に入れてはもらえないことを、松本清張は多くの小説で憤りをこめて書いてきている。ところが彼自身は小説家として得た名声を支えとして、専門家と対等に討論できる立場をかち得たのである。もっとも、それでもなお、専門家から無礼な応対をされたことにふんまんを書き付けたメモがこの本のあちらこちらに見いだされる。

//////////////////////////////////

 

国文学の世界では、「いろはうた」(小松英雄)という本にふざけた記述がある。

 

//////////////////////////////////

2 以呂波の古い姿

「以呂波は、無実の罪で処刑されようとする死刑囚の残した、暗号による遺書であるということを証明した人がいる。その死刑囚というのは『万葉集』の歌人として有名な柿本人麻呂だというのである。もちろん、その最初の手がかりは「咎なくて死す」にある。著者は詩人だということで、奔放な着想がなかなかおもしろいが、日本語の歴史についての初歩的な知識を備えた読者には、胸をときめかせてそれを読むことができそうもない」

「……それは、柿本人麻呂が以呂波の製作に関して無実であったことの証明としても、必要かもしれない。もちろん、日本語史の専門家にとっては、一笑に付すべき妄説であるにしてもー。」

//////////////////////////////////


これら、学者たちの、高慢な態度に対しては、公費でノウハウを身に付けた職業的成果とみなし、納税者でもある在野の研究者に対する、不遜な態度であるとして糺していく必要があるだろう。

歴史哲学者ロビン・ジョージ・コリングウッドの考え方

  • 2019.12.04 Wednesday
  • 05:36

JUGEMテーマ:今日のキーワード

 

「キッシンジャー 1923−1968 理想主義者1」(ニーアル・ファーガソン著、村井章子訳)のはじめに書かれていることだが、思想哲学と絡めて、他国を従属させる意図を持つ歴史家にとって都合がいい歴史哲学であるような気がする。

 

 

//////////////////////////////////

はじめに

こうしたわけで、本書は一〇年におよぶ地道な文書研究の成果である。執筆にあたっては、偉大な歴史哲学者ロビン・ジョージ・コリングウッドの三原則を忠実に守った。

一 すべての歴史は思想の歴史である。
二 歴史として知るとは、歴史家がその歴史を調べようとする当の思想を自ら再び考え、たどることである。
三 過去の思想は、過去にとっての現在から生まれたものであって、現在の思想に包含されてはいても、現在を構成するものからは切り離されている。歴史として知るとは、そのような過去の思想を再び考えることである。

 

//////////////////////////////////

 

 

//////////////////////////////////

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%93%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%A6%E3%83%83%E3%83%89

ロビン・ジョージ・コリングウッド(Robin George Collingwood 、1889年2月22日 - 1943年1月9日)は、イギリスの哲学者、歴史家。

哲学の方法
哲学思考には、科学思考とも日常的な思考とも異なる独特の方法があると主張した。科学においては「仮定から結論が導かれる」のに対して、哲学においては「仮定から仮定的ではない原理が導かれる」と論じた。また、哲学は日常的に誰もがすでに「わかったつもりになっていることを、別の視点から捉えなおし、より優れた理解をしようと」する学問であるとも述べている。こうした議論は、コリングウッドのプラトン解釈に基づいている。

また、哲学の方法を総括する目的でコリングウッドは「形式の変移図」という考えを導入した。「形式の変移図」とは異なる項の連なりであり、上位の項は下位の項が体現する理想を実現したものである。例えば、ロックによると、「知識」の概念の変移図の始めの項は「判断」であり、最上の項は「直観」である。つまり、「直観」という知識の形式は、「判断」が実現しようとしている知識の理想的なあり方を実現しているのである。哲学の研究対象となる概念はすべて「形式の変移図」へとまとめられうる。

歴史哲学
ヘロドトスとトゥキディデスに始まりコリングウッドに至るまでの歴史学の歴史を丁寧に考察し、歴史学の方法を三つ抽象した。第一に、古代ギリシアに顕著であった「証言に基づく歴史」。第二に、ヘレニズムに端を発し、過去の文献を組み合わせることを主軸とする「切り貼り歴史学」(scissors-and-paste history)という方法。第三に、近代の「学問的歴史学」(scientific history)である。

『自然の観念』(平林康之、大沼忠弘訳、みすず書房、1980年、新版2002年)
『歴史の観念』(小松茂夫、三浦修訳、紀伊國屋書店、復刊2002年)
『芸術哲学概論』(三浦修訳、紀伊國屋書店、1968年、復刊2001年)
『芸術の原理』(近藤重明訳、勁草書房、1973年)
『思索への旅―自伝』(玉井治訳、未来社フィロソフィア双書、1981年)
『歴史哲学の本質と目的』(デビンズ編、峠尚武・篠木芳夫訳、未来社フィロソフィア双書、1986年)
『哲学の方法について』 (早川健治訳、2014年)
『精神の鏡、知識の地図』(早川健治訳、2015年)

//////////////////////////////////

 

断定するつもりはないが、政治的に利用しやすい、歴史哲学である可能性があるのではないか。

歴史群像等に寄稿する近現代史研究者の思考回路

  • 2019.09.09 Monday
  • 19:20
アメリカ産の「飼料用トウモロコシ」で、中国に輸出予定で中国が輸入拒否したものを、安倍首相が買い取ると約束したことについて、近現代史研究者山崎雅弘が思い込みで述べているとの情報がある。 与太話の裏を読むと見えてくるもの http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1675.html 直観で考えて、日本がアメリカ産飼料トウモロコシ購入は、中国の対抗措置を無力化したとした方がすっきりする。 海外識者「日本による米国産トウモロコシ購入で中国は外交カードの1つを失った」 http://newsoku318.blog134.fc2.com/blog-entry-8333.html 市場価格が下がったのでお得な買い物だとする分析、安く買って中国に転売してはどうかという提言もある。 中国が輸入しない米のトウモロコシ 日本が買います https://newspicks.com/news/4167057/ イデオロギーで物事を見てしまう歴史家(と称する人には)理解しがたいことであろう。

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 歴史学者がルーズベルト陰謀論を肯定することは「歴史学界のタブー」なのではないか
    masurawo (07/03)
  • 歴史学者がルーズベルト陰謀論を肯定することは「歴史学界のタブー」なのではないか
    たつや (07/02)
  • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
    masurawo (04/30)
  • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
    たつや (04/29)
  • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
    masurawo (04/29)
  • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
    たつや (04/27)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM