GHQが「町会解散命令」した意図

  • 2020.07.09 Thursday
  • 07:15

JUGEMテーマ:歴史

あまり語られることはないが、1947年1月にGHQが「町会解散命令」を出したとする情報がある。

 

//////////////////////////////////

 

超マインドコントロール  日本人だけが知らない!日本と日本人の凄さ

池田整治

 

GHQが日本弱体化計画の中で目立たないけれども効き目あったこと、すなわち、日本にとって致命的だったことは、一九四七年一月に行われた「町会解散命令」です。GHQは日本人が一糸乱れず秩序だった行動をとれるのは町会にある、と判断したのです。この庶民の生活の中に全戸くまなく組み込まれた精緻な構造は、江戸時代の五人組制度から明治維新以降の隣組制度へと続くものでした。

この町会が戦争時や震災時などでもスムーズな情報連絡、相互支援、緊急物資の配給に役立っていた、というわけです。
よくこういう細かい点までチェックしていたと思いますが、おそらく、日本人の中にGHQに対してアドバイスする人間(おそらく戦前の反体制運動家など)がいたのでしょう。
この町会も日本の主権回復(一九五二ねん)と同時に解散命令が解除されましたが、やはり、以前のような精緻な町会を回復することはできませんでした。もちろん、七年の間にずたずたに解体されたこともありますが、その後、GHQが完全に解散(一九五七ねん)されてからも、アメリカは欧米流のライフスタイルがいかにファッショナブルで便利かというマインドコントロールを徹底します。マンションや団地の建設ラッシュ、電化生活の普及、農村から都市へと大量の人間の移動、核家族や共稼ぎ家庭の増加などを通じて、日本中の村社会というネットワーク構造が破壊されていったのです。

 

//////////////////////////////////

 

現在の視点でみると、日本の村社会を破壊したととれるが、戦後実態的に、震災時などでのスムーズな情報連絡、相互支援、緊急物資の配給をできなくすることを意図した可能性がある。

 

つまり、この時点での町会解散命令は、戦争による敗戦革命を意図した者がGHQ協力者側にいるとの前提に立つと、「災害により革命が引き起こされるべきだと考えた者」が(共産主義者だらけの)GHQに入れ知恵してやらせたと解釈しうるのである。

高度成長期の生産性が高かった理由

  • 2020.07.05 Sunday
  • 18:56

JUGEMテーマ:歴史

「知的生産術」(出口治明)という本にて、高度成長期に日本の生産性が高かった要員分析が読める。

それによると、三つの高度成長を支えた3条件が揃っていたとされる。


//////////////////////////////////

 

日本の高度成長を支えた「3条件」

日本が戦後独立を果たしてからバブル崩壊するまでの39年間、日本の経済成長率は、平均7%程度の高水準で推移していました。

高い成長が可能だったのは
「[篝錙
「▲ャッチアップモデル」
「人口の増加」
という、3つの外的条件が整っていたからです。

 

//////////////////////////////////

 

この3つの外的条件が、特に工場(製造業)に有利な競争をもたらしたとされる。「知的生産術」にあるシナリオ分析を紹介させていただく。

 

//////////////////////////////////

 

日本の戦後の成長モデルは、工場(製造業)中心に考えられたものです。工場モデルは、長時間労働によって利益を延ばすビジネスモデルなので、365日24時間フル稼働が究極の理想です。
ベルトコンベアが動けば動くだけ製品ができますから、3交代制を導入するなどして、工の連続操業を徹底的に追求しました。
工場モデルで求められるのは、体力があって、朝から晩まで黙々と働ける人材なので、筋力に勝る男性のほうが圧倒的に有利です。
それならば性分業を行い、女性は家庭に入って家事や育児に専念し、男性の「メシ・風呂・寝る」をサポートしたほうが、社会全体としては効率的です。
そこで政府は、配偶者控除や第3号被保険者といった制度を設けて、専業主婦として扶養される女性にインセンテイブを与え、「男性は外で長時間労働、女性は専業主婦」というシステムを構築しました。加えて、寿大社や3歳児神話という虚構をでっちあげ、社会をあげて性分業を推奨したのです。
こうして男性が、朝早く出社し、夜遅くかえって「メシ・風呂・寝る」の生活を送る働き方がロールモデルとして定着したのです。
労働者が、長時間労働や「メシ・風呂・寝る」の生活を容認したのは、成長率が高かったからです。

 

//////////////////////////////////

 

私は、高度成長期に働いた世代ではないが、上記は生活実感的に納得しうる内容である。

歴史学者がルーズベルト陰謀論を肯定することは「歴史学界のタブー」なのではないか

  • 2020.07.02 Thursday
  • 09:37

JUGEMテーマ:歴史

 


「論点別昭和史 戦争への道」と題する本がある。著者は学習院学長井上寿一。
この本には、二つの問題がある。論点の絞り込み事由がピンとこない。さらに、各論点に対する記述がダラダラとした書きぶりであることだ。

どうしても書き上げ世に問いたいというよりは、出版社が出版枠を確保してくれたので、書いている程度の文章になってしまっている。

 

あとがきにて書かれていることも、何かずれている。

従って、全頁を読む必要を認めない。

 

この本の第五章「日米開戦ーなぜ回避できなかったのか」において、著者が以下のような見解を示している。


//////////////////////////////////

 

ルーズベルト陰謀論の虚構

戦後の日本外交し研究は、日米開戦史研究だったと言っても言いすぎではないほど、質量ともに膨大な知見を生み出し、通説を打ち立てて、今日に至っている。世上に流布している俗論は退けられて久しい。
しかし俗論が消えることはんまく、再浮上する。俗論のなかでも根強いのはルーズベルト陰謀論である。「アメリカのルーズベルト大統領は、事前に真珠湾攻撃を知っていながら、わざとに日本にそうさせた」。この陰謀論のまちがっていることは、歴史実証主義の研究者にとって常識である。ルーズベルト陰謀論のまちがいは、須藤眞志『真珠湾<奇襲>論争』にあらかたまとめられている。

 

//////////////////////////////////

 

気になるのは、この箇所の記述だけとげとげしいことだ。

この本のこの章の参考文献を眺めたところ、日本人研究者が述べた文献のみ列挙されている。

ルーズベルト陰謀論は、そもそも対戦国のアメリカ側の研究者が述べていること、日本語翻訳書が出回っていることについて、著者は無視している。参考までに、日米開戦の経緯について述べた本から参考文献を列挙する。

 

・裏切られた自由 ハーバート・フーバー著、ジョージ・H・ナッシュ編 渡辺惣樹訳
・ダレス兄弟 国務長官とCIA長官の秘密の戦争 ステイーブン・キンザー、渡辺惣樹
・ヴェノナ ジョン・アール・ヘインズ、ハーヴェイ・クレア、中西輝政、 佐々木太郎 
・操られたルーズベルト 大統領に戦争を仕掛けさせた者は誰かカーチス・B. ドール
・権力の影 外交評議会「CFR」とアメリカの衰退 ジェームス・パーロフ 馬野周二
・ルーズベルトの開戦責任 大統領が最も恐れた男の証言 ハミルトン・フィッシュ
・日米・開戦の悲劇 ハミルトン・フィッシュ
・真珠湾の真実 ルーズベルト欺瞞の日々 ロバート・B・ステイネット
・ルーズベルトの責任  日米戦争はなぜ始まったか チャールズ・A・ビーアド
・アメリカはいかにして日本を追い詰めたか  「米国陸軍戦略研究所レポート」から読み解く日米開戦 ジェフリー レコード
・「幻」の日本爆撃計画 「真珠湾」に隠された真実 アラン・アームストロング
・アメリカはアジアに介入するな! ラルフ・タウンゼント


戦史に関しては、日米両軍による突き合わせが戦後行われている。これによって、マッカーサー戦史なるものが確定したことになるが、開戦に至る経緯について歴史研究するなら、日米両方の文献を調べることが、妥当なやり方となる。

 

しかし、著者は日本人研究者の文献に固執。

これだけアメリカ側の文献レベルの本が揃っているのにもかかわらず、著者は、自身にとって都合の良いシナリオに合致した文献のみを参照しようとした可能性がある。

アメリカ歴史学会は、ルーズベルト政権での開戦経緯について陰謀論を無視し、戦勝史観の永続化を試みているとされる。アメリカでルーズベルト戦勝史観に反論する者は、歴史学会から排除される状況が続いているとの情報がある。

 

 

・アメリカ史の歴史学者たちは歴史の真実を知らないのではないか   
http://gendaishi.jugem.jp/?eid=580

・アメリカの歴史学者たちの異常な実態と日本の歴史学者に及ぼす影響について
http://gendaishi.jugem.jp/?eid=615

 

 

つまり、著者は、そうしたアメリカ歴史学会の現況、タブーを熟知、自らの肩書、立場を守りたいとする立場から、この本で、ルーズベルト陰謀論の存在を否定したかったのではないか。

これだけ、アメリカ人が書いた文献が揃いつつある以上、陰謀論という一言で片づけるやり方ではなく、歴史学的手法で上記翻訳書を学術的視点から史料検証し、否定するなら否定すべきであろう。

つまり、著者は、歴史に関心ある人なら誰もが知る、史料検証に値する文献があるのに、敢えて史料検証を避けている?と言いたいのである。

キッシンジャーの正体

  • 2020.06.24 Wednesday
  • 09:07

JUGEMテーマ:歴史

キッシンジャーは何者なのかについて、三つの本に書かれている情報を引用させていただく。

 

「ロックフェラーの完全支配 (食料・医療編)アグリスーテイカル」(ウイリアム・イングドール)では、支配層のために行動、交渉する雇われ人であると書かれている。

 

//////////////////////////////////

 

人口削減ビジネス全盛に尽力のキッシンジャー

 

実際、キッシンジャーは、政府内で働く雇われ人であったが、単に米国大統領に雇われていたのではなかった。彼を出世させた支配層のために行動し、交渉するために雇われていたのである。キッシンジャーは戦後米国支配層内で当時最有力一族であったロックフェラー家の後ろ盾のおかげで権力の階段を上っていくことができた。

 

//////////////////////////////////

 

「原発と陰謀」において、池田整治は、キッシンジャーの立ち位置について、「キッシンジャーは、若い頃からロックフェラー財閥とオッペンハイマーの下請け的な仕事をしていたのです。」(209頁)であるとしている。


「黒い絆 ロスチャイルドと原発マフィア」(鬼塚英昭)においては、キッシンジャーは、ロックフェラーのブレーンであるとされる。

 

//////////////////////////////////


中曽根康弘は”原発マフィア”であった。それも日本がまだ独立していない時期からである。児玉誉士夫の古文となり、政治資金を貰い続けているうちに、児玉同様にアメリカの、特にC毅舛離─璽献Д鵐箸砲覆辰討い燭發里隼笋録篁,靴討い襦C譱昇は一九五三年七月から十一月まで、ハーバード大学の国際問題研究会に出席するために渡米している。この旅の途中で彼の面倒をみたのは当時ハーバード大学の助教授だったヘンリー・キッシンジャーだった。キッシンジャーは当時ネルソン・ロックフェラーのブレーンであったが、助教授になる前にロスチャイルドが実質的に支配するタヴィストック研究所に行っている。いわば、ロスチャイルドのエージェントでもあった。中曽根は四カ月もかけて、何が目的でキッシンジャーの世話を受けたかを考えるとき、謎が解けてくる。

 

//////////////////////////////////

 

これら三つの情報から、キッシンジャーはロックフェラーなどに雇われて政治や外交に関わり、彼らの利益追求のために活動していた人物と言えるだろう。

敗戦後に出現した、にわかアドバイザーたち

  • 2020.06.23 Tuesday
  • 03:15

JUGEMテーマ:歴史

 

「安保条約の成立」(豊下楢彦)によると、敗戦後、GHQに対し、無責任な助言を行った者たちがいるそうだ。

 

//////////////////////////////////

 

(昭和)天皇は、これまで「無責任で代表的でないアドヴァイザー達」が占領当局のアメリカ人による「処罰」をおそれ、彼らに迎合し、彼らが「聞きたいと思う」ことをアドヴァイスしてきた批判する。その結果、「つまらぬ低レベルのグループ」が「日本の精度」を「日本人の思考方法で理解できるやり方」ではなく、「アメリカの型」にあてはめて「こね上げる」ことになってしまったのだという。

天皇によれば、この間の日本は「悪意を持った日本人達のもとで苦しんできた」のであるが、問題は「占領当局」が彼らのアドヴァイスをうけいれ、その結果「多くの誤解が生じてしまう」のではないか、ということなのである。

中略

この点からして天皇は、日米両国の利益に「最も有益な効果」をもたらすであろう行動は「追放の緩和」である、と考えているのである。

 

//////////////////////////////////

 

上記見解が、公職追放が広範囲に行われていたことを意味するとみれば、思想傾向的に、文系の共産主義者たちであろう。
彼らは総じて日本の敗戦に熱狂?、最終的に敗戦革命を現実化させるべく、公職追放という手段で職を得ることを模索、GHQに阿り、彼らが喜びそうなことを多方面で提言。

 

彼らは、助言活動を通じて、東大の教官、教育界、マスコミ界の職を得、最終的に、今日の敗戦利得者構造の構築したとみられる。

ただ、倉山満は、「嘘だらけの日韓近現代史」にて、『アメリカ合衆国は、「よりによってこんな連中を」という本国で使えない連中をGHQに送り込んでくれました』と、GHQスタッフの能力の低さを指摘している。(根拠ははっきりしない?)

どうやら、上記にある「無責任な助言」とは、確信犯的に敗戦革命を目指す集団が、政治思想的に未熟なGHQスタッフを誘導したという意味にとれなくもなさそうである。

 

五百旗頭は皇室のアドバイザーたる資格があるのか?

  • 2020.06.21 Sunday
  • 08:55

JUGEMテーマ:歴史

 

宮内庁参与が世代交代することとなった。

宮内庁参与に五百旗頭氏ら3人 渡辺元侍従長らと交代
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020061700571&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit


一方で、五百旗頭真について、過去の言動を問題視する情報がある。


五百旗頭真氏 「拉致なんて、あんな小さな問題を……」
https://island3.exblog.jp/22015554/


どうしてあんな小さな問題と言えるのか。他人事であるかのような言いぶり、について私は腹が立つ。北朝鮮あるいはGHQの代弁者であることがわかる。

以下の記事は、GHQの代弁者の証左となる。


五百旗頭真の読売寄稿記事(平成27年9月24日)
http://gendaishi.jugem.jp/?eid=12


さて、「安保条約の成立 吉田外交と天皇外交」(豊下楢彦)には、GHQに対し、余計な情報提供した者たちがいるとの記述がある。

 

//////////////////////////////////

 

(昭和)天皇は、これまで「無責任で代表的でないアドヴァイザー達」が占領当局のアメリカ人による「処罰」をおそれ、彼らに迎合し、彼らが「聞きたいと思う」ことをアドヴァイスしてきた批判する。その結果、「つまらぬ低レベルのグループ」が「日本の精度」を「日本人の思考方法で理解できるやり方」ではなく、「アメリカの型」にあてはめて「こね上げる」ことになってしまったのだという。

天皇によれば、この間の日本は「悪意を持った日本人達のもとで苦しんできた」のであるが、問題は「占領当局」が彼らのアドヴァイスをうけいれ、その結果「多くの誤解が生じてしまう」のではないか、ということなのである。

中略

この点からして天皇は、日米両国の利益に「最も有益な効果」をもたらすであろう行動は「追放の緩和」である、と考えているのである。

 

//////////////////////////////////

 

五百旗頭は、戦中生まれ。どうもこの世代には、敗戦を積極的に肯定する方が多いようだ。

五百旗頭は、皇族に対し、戦後レジームを遵守せよと語るのか、首相発言と齟齬のないお言葉となるべく助言するのか。私には、前者であるとしか思えない。


今後は、この種のアドバイザー的人事について、パブリックコメント実施いただきたいところである。

周恩来の晩年の告白

  • 2020.06.15 Monday
  • 11:34

JUGEMテーマ:歴史

 

周恩来が自身の生涯を振り返り、後悔の念を以て告白したととれる記述を見つけた。

 

//////////////////////////////////

人間・周恩来 紅朝宰相の真実
金鐘編 松田州二訳

 

訳者あとがき

以下にいくつか紹介するような、死を悟った周恩来が最後の旨のうちを妻。穎超に告げる言葉からは、革命戦争の中で、また建国後に繰り返された政治事件の中で、自分が心にもない選択をし不本意にも毛沢東を持ち上げてしまったことに対する自責の念や、政治の世界と縁を切り伏魔殿・中南海から一刻も早く離れるように妻に諭す周恩来の悲痛な叫びが伝わってくる。

一九七五年九月一二日の日記からー「ぼくはもう長くない。まもなくだよ。ぼくが死んだら、(一)政治に関わらないこと。(二)中南海を離れること。(三)北京を離れ、故郷に帰って養生し、体を休めること。いいね、忘れてはいけないよ、そうすればぼくも少しは安心できるから」

一九七五年一〇三日の日記からー「ぼくはね、よく自分の歩んできた道を総括してみるんだ。ぼくはマルクス主義の道を固く信じ、共産主義こそ人類が奮闘すべき理想の目標であることを信じて疑わなかった。建国して二十六年になるが、政治闘争は一つ終わればまた一つ始まるという具合に続き、国を苦しめていてう。こでも社会主義社会と呼べるんだろうか。これでも人民が主人公となって政治に参加する人民共和国と言えるんだろうか」

中略

一九七五年一二月二八日の日記からー「国は不幸の中にある。建国して二十肋年、いまだに六億の人口がご飯さえ満足に食べられていない」
一九七六年一月二日の日記からー「覚えておくんだよ。ぼくの遺骨は残さないこと。墓は建てないこと。君は中南海から遠く離れたところへ行くこと!」

 

//////////////////////////////////

 

周恩来は日本では人格者であるかのように扱われてきたが、実相は異なるとみなくてはなるまい。
毛沢東に仕え、その信頼を得、立場を維持するために、犠牲にしたものは、己の良心と自身を慕う家族、そして同志や部下たちだったのではないのか。

 

かようにどす黒い陰謀渦巻く、革命、共産主義社会を正当化する人などいるのか?
周恩来は、もっと研究され、実相が暴かれるべき人物なのではないか?

 

話は変わるが、私が遭遇した上司たちは、部下にウソの手柄を自慢し、自分の出世のためなら平気で部下を陥れるタイプだらけだった。
彼らは当然、吊るし上げられるべきだろうが、そんなことに人生の貴重な時間を空費するのはもったいない。
人を欺き、ウソをつくのは周恩来だけでないし、中国人だけではない。

 

周恩来を、中共が情報操作して配信した情報だけで、高潔な人格を有する人物だと決めつけるのはやめるべきではないか。

 

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 歴史学者がルーズベルト陰謀論を肯定することは「歴史学界のタブー」なのではないか
    masurawo (07/03)
  • 歴史学者がルーズベルト陰謀論を肯定することは「歴史学界のタブー」なのではないか
    たつや (07/02)
  • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
    masurawo (04/30)
  • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
    たつや (04/29)
  • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
    masurawo (04/29)
  • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
    たつや (04/27)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM