ロスチャイルド家が一大金融財閥になれた決定的理由

  • 2020.09.17 Thursday
  • 20:22

JUGEMテーマ:歴史

 

 


「ロスチャイルド家」(横山三四郎)という新書に、ロスチャイルドが一大金融財閥になれた決定的理由が書いてある。
駅馬車時代の頃から、ロスチャイルド家は、迅速かつ正確な情報伝達網を確保、維持してきたのである。


//////////////////////////////////

 

暗号の手紙
そのころの交通手段は駅馬車ぐらいなものでフランクフルトからマンチェスターまでの旅行はもちろん、情報交換も容易なことではなかった。ドーバー海峡を渡ってパリとロンドン間に片道四、五日かかったころだからそれより遠いフランクフルトとマンチェスター間は天候に恵まれても片道一週間とみてよい。フランクフルトの兄弟の手の空いていないときは、ロスチャイルト商会の信用のおける従業員が飛脚として手紙や手形をもって往復した。
マイヤーはこれらの手紙をイデイッシュ語に暗号めいた約束事を組み合わせてしたため、決して署名しなかった。イデイッシュ語というのはドイツ語を基礎に北部ヨーロッパのユダヤ人の間に成立した言葉で、標記は右から左へと書くヘブライ語である。従って、ユダヤ人以外にはチンプンカンプンである。強盗が出ないでもないし、商売敵がどんな手段に訴えないともしれないというわけで編み出したこの秘密保持の手法は、一族の間で近年まで続けられていた。

途中省略

ナポレオンは知ってか知らずかロスチャイルド家を踏とらせるのに一役買ったのだが、これなどロスチャイルド家にとってはほんの小手調べでしかなかった。そのころにはロスチャイルド商会の二重底の専用馬車が、同商会のブルーと黄色の旗をなびかせてヨーロッパ中を縦横に走り回っていた。二重底のなかの積み荷は例の暗号で書いた手紙であり、ときには現金や密輸品であった。

途中省略

当時のロスチャイルド家はドーバー海峡に自家用の快速船を何隻も運航させていたほか、ドーバーとロンドン間に同家専用の早馬を置いてあった。このためネイサンは伝書鳩というよりは陸上ルートでいち早くワーテルロー勝利のニュースをつかんだ可能性が強いとみられる。

途中省略

すでにみてきたように、ロスチャイルド家は戦乱をかいくぐりながら独自の駅伝網を組織し、強化、スピードアップした。十九世紀初めころの至急便で、ロンドンからナポリまでニ三六時間(九日と二〇時間)という記録があるが、ロスチャイルド家の馬車は、同じルートを一六八時間(七日)で走り抜けたといわれる。素早い情報はそのまま膨大な投機利益に直結する。それぞれの国の外交官の報告よりもロスチャイルド家の情報のほうが迅速かつ正確なことはヨーロッパ中に知れ渡って、有力な貴族は自らの親書の送付を同家に託すありさまだった。それらの親書の内容は必要なときには極秘のうちに開封されて。ロスチャイルド家の機密情報に重みを加えた。それだけでなくその巨富に裏打ちされたロスチャイルド家の情報ネットワークは、途方もない威力を発揮してヨーロッパの政治を動かすまでになってゆくのである。

途中省略

またロスチャイルド家の情報網が一段と正確さと迅速さを高めた。各地の政治・経済に関する情報を誰よりも早く入手できた一族は、政治社会情勢によって揺れ動く市場で相場をリードした。アンテナを持たず未確認情報にうろたえて狼狽売りする弱小銀行家は一族の餌食でしかないわけで、ワーテルローの大博奕ほどではないにしても、それに似た巧みな操作で利益を上げることができたのである。


//////////////////////////////////

 

 

彼らにとって、自分たちの繁栄を維持するために、世界一の情報伝達網であることを必要とした。

歴史的に、日本のコンピューター産業がアメリカ政府により潰されたり、中国のファーウエイがアメリカ市場から締め出されるのは、ロスチャイルド家が支配する?資本主義市場におけるロスチャイルド家の権益維持のためではないかという見方に繋がるのである。

戦前のアメリカ人キリスト教宣教師の実態

  • 2020.09.12 Saturday
  • 08:16

JUGEMテーマ:歴史


「中国の戦争宣伝の内幕 日中戦争の真実」(フレデリック・ヴィンセント ウイリアムズ)を読むと、日中戦争時代の中国に居た宣教師たちの実態がどのようなものであったかが見えてくる。

 

//////////////////////////////////

中国兵に虐殺される宣教師たち
過去23年で250人もの宣教師が中国兵や匪賊に誘拐されて身代金を要求されたり、殺されたりしている。
これに対して戦争が始まってから日本人に殺されたのは10人か12人である。
これらの事件が起きたとき、中国人に責任がある場合は知れ渡らないように目立たないように伏せられた。
しかし宣教師が日本兵に殺された場合は、絶対数でははるかに少ないのに凶悪事件として世界に告知されたのだった。

//////////////////////////////////

 

//////////////////////////////////

利用される宣教師
宣教師がやろうとしたのは、アメリカ人からの寄付であった。結果的に彼らは中国で起きている光景に対し、故国の人々を中国側に立たせ、より友好的にすることに成功したわけである。彼らは軍閥の支配体制、泥棒性、いかさま性、不信性、道徳的墜落、野蛮性、ふしだら、賄賂といったことには言及しない。これらは役人にも大衆にも共通する中国人の日常生活である。彼らは素晴らしいところ、哀れを誘うところ、同情を喚起するところしか言わないのだ。中国人は善意で貧しくて、西洋社会とキリスト教が彼らに与えられるものを評価し、あこがれていると。

//////////////////////////////////

 

//////////////////////////////////

日本軍に感謝する宣教師たち
こちらの情況に関するアメリカの新聞報道は一方的であり、大袈裟すぎます。しばしば本当のような嘘が反日のためのプロパガンダとしてはびこっているのです。
途中略
日本兵は統制が取れています。そして我々をどんな形でも決していじめたりしません。だから我々は喜んでこの善意の中国人たちを共に留まっております。しかしながら日本人についての真実は語られておりません。彼らは私たちに親切です。

//////////////////////////////////

 

宣教師たちは、布教活動が苦難に満ちたものであればあるほど、熱心に布教を続けようと考える。
日本軍が宣教師たちに親切にしたところで、彼ら宣教師たちは、「中国人は善意で貧しくて、西洋社会とキリスト教が彼らに与えられるものを評価し、あこがれている」とする幻想を捨てず、日中の戦争が深刻な状態になればなるほど、彼ら宣教師たちは、統率がとれ親切な日本人よりも、「善意で貧しく、西洋社会とキリスト教にあこがれている」と勘違いし、日本を憎むようになったと考えられる。

拡大解釈するならば、彼ら宣教師たちが中国に抱いた幻想が、オバマ政権の時代まで続いたとみていい。

宣教師たちは、自らの愚かさに気づいていたのであろうか。

中国国民党のスポンサーがドイツから英米に移行したきっかけ

  • 2020.08.31 Monday
  • 09:14

JUGEMテーマ:歴史

 

 

歴史的に、蒋介石が日本と軍事的に対立する中で英米の支援を受けようとした動機、きっかけがどこにあるか、が支那事変の鍵となっている。

「中国の戦争宣伝の内幕 日中戦争の真実」(フレデリック・ヴィンセント ウイリアムズ )にて、蒋介石を支援するドイツの軍事顧問団の発言が紹介されている。

 

//////////////////////////////////

 

40頁
彼ら(ドイツ軍事顧問団)は蒋介石にこう言った。
「外国に干渉するように頼みなさい。あなたは一人では勝てない。ロシアは今ここにいない。協力者が必要でしょう。イギリスに頼みなさい。しかしながら、力のある干渉者なると好ましいのはアメリカです。こうしたことになるとアメリカ人はいつも便利だ」

 

41頁
蒋介石はドイツ軍事顧問たちから干渉を引き起こすよう耳にささやかれて、上海に着目した。そこには国際租界があった。外国人がいて、外国の銀行があって、会社があって、外国人住宅があった。ここで事を起こせばもっと簡単ではないのか?

 

41頁
上海での戦いは結果として日本人を外国人区域に閉じ込め、そして外国人が殺害されることは、外国の干渉と日本に対抗する強力な同盟形成を意味することになる。

 

44頁
戦いは圧倒的に不利(日本にとって)にも拘わらず、血の一週間を持ちこたえた。しかしながら世界の新聞は日本を罵り、嘲った。特にアメリカが率先していた。と同時にある外国の国々は日本の没落を熱望しつつ、中国軍に援助と武器の供給を始めたのだ。貿易において日本はライバルだからである。

 

//////////////////////////////////

 

欧米列強は、日中を戦争状態とすることで経済的利益を確保しただけでなく、日本のさらなる経済発展を望まず日本を主要国から蹴落とし、アジア全体の植民地支配状態を継続しようとしたとみることができる。

ナイーブな日本人は、特定国から日本が侵略したと言われればそのとおりと思い込む傾向があるが、こうしたドイツ顧問団の発言の真意を知ると、欧米列強の植民地支配をすり替えるロジックと見立てる必要がある。

アメリカにおけるキリスト教布教利権

  • 2020.08.26 Wednesday
  • 18:29

JUGEMテーマ:歴史

 


「裏口からの参戦上」(チャールズ・カラン・タンシル)によると、一九二五年当時、アメリカ国内にて、中国へのキリスト教布教を拡大したいプロテスタント勢力による、新中国の政治活動が拡大、中国の権利回復、中国礼賛の主張が、急激にアメリカ、イギリスにて認知、両国国内世論に大きな影響を与えたとされる。
プロテスタント勢力は、中国に同情的な世論となる様、誘導することで、アメリカなどからの寄付金が増えることを望んだ。

 

//////////////////////////////////

 

親中圧力をかけるアメリカ人宣教師たち

 

一九二五年時点で、中国での布教に携わるアメリカ人プロテスタント宣教師の数はおよそ五〇〇〇人であった。布教のコストは年間一〇〇〇万ドル、中国国内に保有する試算は低く見積もっても四三万ドルであった。宣教師グループがアメリカの対中政策に強い影響力をもっていたことは明らかである。クーリッジ政権時代、彼らは親中国の主張を強めた。中国から多くの記念品(お土産)をワシントン(の有力者)に送り続け、宗教関係メデイアも親中国キャンペーンを張った。
一九二五年八月二〇日、そうしたメデイアの一つクリスチャン・センチュリー誌が米国務相の対中政策は一握りの官僚によって牛耳られていると非難した。クーリッジ政権が、こうしたグループの影響力を排して、ボーラ議員が訴えるような親中国の姿勢を米国務省にとらせることを期待した。九月に入ると、同誌は帝国主義の典型ともみなされる治外法権特権の破棄を訴えた。このような特
権は軍事力によってしか維持できないものだと非難した。
燕京大学(キリスト教系私立大学)学長のJ・L・スチュワート牧師は、この主張を支持した。米国内でも、キリスト教会連邦評議会も治外法権特権を破棄せよと訴えた。

キリスト教系グループの親中国姿勢を批判する動きもあった。一九二六年六月、ジョージ・ブロンソン・リー(ファー・イースタン・レビュー誌編集長)は、「宣教師勢力の政治圧力は度を越している。北京駐在公使の人選までもこの勢力の承認を必要とする、彼らの圧力には大統領も他の政治家も抗えないほどだ」と苦言を呈した。こうした組織にとっては米世論が中国に同情的になることが望ましかった。そうでなくなると寄付金が消えてしまうのである。

宗教組織の活動はアメリカの貿易にも悪影響を与えるだけでなく、中国国内の反外国人運動の火に油を注いでいた。中国問題を少しでも調べれば、反外国人感情がヒステリックな運動にまで悪化したのは、宣教師や彼らを支持する者たちの影響であることはすぐにわかった。
ロドニー・ギルバートは在中国のよく知られたジャーナリストだが、彼もリーの考えに同意していた。宣教師の主張は友好を醸成するのではなく、西洋列強に反発する態度を生んだ。およそ一年にわたって続けられた彼らの中国の権利回復の主張、あるいは中国礼賛の姿勢が、急激にアメリカ、そしてイギリス国内世論に大きな影響を与えたと分析している。

 

//////////////////////////////////

 

中国で急拡大した、排外主義的主張は、日本にも向けられた、中国で抗日を最初に煽ったのは、アメリカ人プロテスタントグループであったことになる。
国民党政権のスポンサーが、ドイツ、イギリス、アメリカと移行しつつある中で、キリスト教布教利権は、日中戦争を仕掛けた最初の黒幕とみられるのである。

同時に、アメリカ人プロテスタントグループによる、中国の権利回復、中国礼賛の姿勢は巡り巡って日米戦争の引き金を引くこととなったのである。

 

キリスト教界が過度に政治介入したことは、歴史上の重大問題として扱われるべきであろう。

新疆は戦前既にソ連の植民地だった!?

  • 2020.08.18 Tuesday
  • 12:22

JUGEMテーマ:歴史

 

「裏口からの参戦」(チャールズ・カラン・タンシル)によると、戦前において、ソ連の植民地だった地域があるとされる。

 

//////////////////////////////////

 

満州は、すでに外蒙古を支配下に置くソビエトの赤化攻勢を迎え撃つ前線基地だという側面があった。この点については、広く理解されていたとは言いがたかった。
極東のソビエト赤軍は、一九三六年から三八年にかけて三〇万を超える規模に増強された。赤軍は、外蒙古を攻勢時の踏み台として使おうと目論んでいた。新疆でもさらなる支配強化を進めていた。アレクサンドル・バルミンは、この地域の軍へのソビエト製兵器の供給を担当していた。彼は新疆は実質的に完全にソビエトの支配下にあったと語っている。一九三五年当時ソビエトの植民地と化していたのである。

ここで重要なのは、ソビエトが新疆を支配下に置いたことに米国政府が何の抗議もしていないことである。アメリカは中国の領土的主権が侵されることを懸念してはいたが、日本に対してだけ警告していた。ルーズベルト政権は、ソビエト外交を盲目的に信頼していた。それが同政権の極東政策の「肝」であった。
米国務省の官僚は、外蒙古と新新疆へのソビエトの急速な勢力浸透を見逃した。それだけでなく、陝西省において共産軍が創設されたことが何を意味するかにも故意に目をつむった。

 

//////////////////////////////////

 

中共はソ連の植民地を引き継いだ。植民地だったので、中共も引続き、植民地政策をその後も続けたという感覚なのであろう。

アメリカ政府が、戦前から、ソ連の植民地政策を見てみないふりをする一方、日本に対しては警告する、このような一貫しない外交政策が、中共のウイグル族浄化政策の原因となった可能性は十分にある。

オレンジ計画上の対日侵攻方針について

  • 2020.08.17 Monday
  • 07:04

JUGEMテーマ:歴史

 


「オレンジ計画 アメリカの対日侵攻50年戦略」(エドワード・ミラー)には、オレンジ計画上の対日侵攻の方針が書かれている。

該当箇所から引用転載させていただく。

 

//////////////////////////////////

 

三十五年間にわたり、オレンジ・プランの根底を成す観念は、海からの上陸攻撃で島々を無力化し、同時に経済を壊滅することによって得られる勝利であった。包囲攻撃の哲学は一九〇六年の計画の最初の草稿に掛かれ、何度となく繰り返されてきた。その帰結するところは、日本への侵略は避けるべきだということであった。侵攻の必要性もなく、補給上不可能で、それによって引き起される流血と世論の反感を考えると自滅的な作戦になるというのである。
計画官たちは、米国は数年の期間を与えられれば、日本を侵略するための十分な兵と軍事物資を送り込むことが可能であると考えていた。しかし第二次世界大戦以前には、その全保有商船をもってしても、極東にわずか百万人しか維持することができず、密集した敵軍を相手に占領を勝ち取ろうにも、一回の移動で十分な兵を運ぶことも、補給を続けることもできない。

オレンジ・プランは、長期にわたる苦闘の消耗戦を企てるものだったー第二次世界大戦後、一年間の包囲期間を含めた二年間の基幹を指してこう評された。慎重派たちは中部太平洋の海軍基地を建設するだけでも二年はかかると警告していたのだ。「第二艦隊」建造の必要性を説く悲観論者らは、それは三年から四年の苦難の年月を要すると見積もった。一九四〇年、スタークは、数年間の包囲攻撃を見越し、リチャードソンは五年から十年の戦争を予測して憂いていた。計画官らはみな、長い戦争では国民の忍耐力をもきびしく試されるであろうと懸念していたが、突進派は大胆な攻撃によってそれを回避しようと努め、慎重派は落胆を誘うような初期の敗北を避けることによってそれを予防しようと考えていた。悪の独裁政権に対する聖戦という意識が、米国民に三年八か月にわたる戦争を戦わせる活力を与えるとは、誰も予測していなかった。

第二次世界大戦における最後から二番目の米国司令部決定は、日本本土の侵略の計画と準備を認めるものであった。予備段階の包囲攻撃作戦も終わり、ヨーロッパから軍隊が再配備されると、多量の兵器を送り込み、戦前の最も贅沢な見積もりすら上回るほどの輸送を必要とする侵略計画も、一九四五年末には、実行可能なひとつの選択肢としての見通しがついた。自殺的戦術を眼の前にして、日本という組織化された社会は、包囲攻撃程度では無条件に負けを認めたりはしないであろうという気の滅入るような予測が強まっていった。戦争終結の日を確実なものとしてくれる方法は、もはや侵略以外にはなかった。

 

//////////////////////////////////

 

戦争方針に係わる、重要なことが書かれている。

・オレンジ・プランは、長期にわたる苦闘の消耗戦を企てるものだった
・オレンジプランとは、海からの上陸攻撃で島々を無力化し、同時に経済を壊滅することによって得られる勝利
・日本を侵略するための十分な兵と軍事物資を送り込むことは容易ではない
・一九四〇年、スタークは、数年間の包囲攻撃を見越し、リチャードソンは五年から十年の戦争を予測して憂いていた。


アメリカ側のオレンジ・プランに基づく戦争計画は、経済封鎖を前提とする五年から十年の戦争計画だったのに対し、しかし、開戦初期の日本側の方針はどうだったか?

 

早期講和、消耗戦を想定しない、通商破壊を重要視しない、包囲攻撃対象となる島嶼の要塞化を想定しないものであった。

ことは何を意味するのか?

 

戦争を準備しているにしては、対戦国の重要な戦争方針である「オレンジ・プラン」の分析、理解を怠ったと解釈しうるのである。

 

無邪気過ぎた日本外交

  • 2020.08.12 Wednesday
  • 07:44

JUGEMテーマ:歴史

 


「超マインドコントロール2 日本人だけが知らない!日本と日本人の凄さ」(池田整治)にて、戦前・戦中の無邪気な日本外交実態として、二つの事例解説が為されている。

 

//////////////////////////////////

 

太平洋戦争時の外務大臣、東郷茂徳など、かつて、駐ソ大使時代に親交のあったモロトフ外相を通じて、あのスターリンに対米和平の仲介を依頼するほどのお人好しでした。在モスクワ大使にスターリンの心理を聞き出すように難解も訓令を発して、逆に日本側の焦りと無策を相手に読まれているのです。
東郷がそんな行動に出たのも「友人モロトフ」を信じ、「窮鳥懐に入れば漁師もこれを殺さず」という浪花節を本気で信じていたのです。
一方、最初から日本侵攻のチャンスをうかがっていたスターリンは日本の内実をそのままフランクリン・ルーズベルトに知らせていたのですから、東郷はとんだ道化者でした。

 

//////////////////////////////////

 

当時の外務省は、日ソ不可侵条約締結時点で、スターリンが約束を守る人物と分析したのであろう。

 

次は、外交上の演技によって友好国と信じ込まされたケース。

 

//////////////////////////////////

 

友好国と信じ込ませたアメリカの深慮遠謀

「こちらが好意を感じているから相手もきっと好きになってくれる」
この手放しの無邪気さは胡人が人間関係を形成するには必須の要素でしょうが、国益を追求しなければならない立場の人間が振り回すと致命傷になります。海千山千の相手を向こうに回して、友情や親密さに依存した瞬間、相手の思うつぼになってしまいます。相手の戦術の第一歩は好感をもってもらうことだからです。好感が信頼につながり、信頼が「ここだけの話」をつかむチャンスに発展するからです。好感を覚えさせることこそ、パンドラの箱をこじ開ける大きな武器なのです。
太平洋戦争における日本政府の最大の失敗はアメリカに心を許してしまったことにあります。その根本的なミスが四年後に人類発の原爆を二度投下されることにつながるのです。

実は、アメリカは日清戦争のときから満州を狙っていました。なんとか、日本から奪い取りたいと常にチャンスを伺っていたのです。
アメリカの台所事情は、米西戦争のために植民地獲得競争に乗り遅れてしまい、めぼしいところはほとんどイギリス、フランス、ロシア、ドイツなどに奪われていたのです。米西戦争(一八九八年)でスペインから奪ったのはフイリピン、グアム、プエルトリコでした。どうしても中国を手に入れたいと考えるアメリカは、国務長官ジョン・ヘイが中国の「門戸開放」「機会均等」「領土保全」という三原則を列強に主張して、必死に巻き返しを図らせます。
アメリカにとって、中国から強力なライバルが離れてくれれば御の字。だから、日露戦争でも日本を応援したわけです。

 

//////////////////////////////////

 

日露戦争後、アメリカの艦隊が日本を訪問したことがあった。日本は熱狂的に歓迎したとされる。
アメリカ政府は困惑したことであろう。

ともすれば、日本人は、外国に行くと無防備になる傾向がある。外国人の儀礼上の挨拶が、友好、親日のシグナルと勘違いしやすく、その傾向は明治時代から続いているということなのであろう。

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 歴史学者がルーズベルト陰謀論を肯定することは「歴史学界のタブー」なのではないか
    masurawo (07/03)
  • 歴史学者がルーズベルト陰謀論を肯定することは「歴史学界のタブー」なのではないか
    たつや (07/02)
  • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
    masurawo (04/30)
  • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
    たつや (04/29)
  • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
    masurawo (04/29)
  • GHQプレスコードの目的 米兵強姦事件等隠蔽のためだった
    たつや (04/27)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM